-->
» HOME  » RSS  » ADMIN

プロフィール

Author:オロチ
40過ぎても新しいことにチャレンジできるんだ!

ブログ内検索

twitter

月別アーカイブ

ブログ全記事表示

dot1 dot1

list今年も熱い夏がやってくるぜ! 帰ってきたぜ!



雄雄雄雄雄雄雄雄ッ!!! ゆいにゃん初参戦!!
去年何度も「ゆいにゃんは出ないのかeufoniusは出ないのか」と書きまくってた気がしますが、ついに! ラブトラ初の快挙!w 情報見てから速攻先行予約余裕でした。やっぱ知名度的に「そして、僕は…」「片翼のイカロス」のどちらかは絶対歌われるよな? どっちも同じくらい好きなんで楽しみだ。GUSHは…流石に無いだろうか?w
ゆいにゃんライブを6時間後に控えた今という、すげぇ良いタイミングにこの朗報だよ!
テンション上がってきたァ!


さくにゃんのライブレポに、溜まってる旅行記と書くべき事は山のようにありますが、もう2時間もすると神戸へ出発なのでとりあえずネットサーフィンと更新…。1週間近く家を空けたから浦島っぷりがハンパねぇ。
札幌→大阪→神戸で3日連続ライブ参加ってのも珍しいわな。もう一生無さそうだ。
そして今日もまた書くべきライブレポが増える…w


THE IDOLM@STER 4th ANNIVERSARY PARTY SPECIAL DREAM TOUR'S!!
アイマスのライブに行きたくて!! しかもツアーで大阪公演があるとか最高だな!
それほど熱心なPではなかった俺ですが、あの曲達を生で聴いてみたい…! そして智秋ちゃんは来るのか…!?
とりあえず、当日までにLive for youは買ってプレイしとくべきだろうか?w


水樹奈々 7枚目のニューアルバム発売情報
おー、やっぱコマ劇の座長公演が入るのね。行けなかった俺たちも満足の一枚。


中川前財務相のバチカン警報騒ぎに「ばかもーん!そいつがルパンだ!」 : bogusnews
上手すぎワロタ。

スポンサーサイト
オタ系ネタ2009.03.01(Sun)09:51コメント(0)トラックバック(0)編集Top↑
dot3 dot1
dot1 dot1

list榊原ゆい Valentine☆LOVE×ライブ2009 in 神戸

01.Eternal Destiny
02.キラリ☆夏
03.school meet you
04.すきッスSTADY☆キッス!!
05.Fairchild
06.Blue eyes
07.Shooting STAR
08.夢の罪 -End in childhood-
09.月天子
10.SINCLAIR
11.Favorite Love
12.Doki Dokiが止まらない
13.HONEY
14.恋の炎
15.ZERO
16.Chu×Chu!!
17.dreaming
(アンコール)
18.片翼のイカロス
19.此の花咲ク頃
20.奇跡の絆
21.message!

(in SITE KOBE)

「キラリ☆夏」や「school meet you」といった懐かしくて待ち望んでた曲が聴けて嬉しかったし、アルバムHONEYの可愛い曲たちだったりバリバリ盛り上がる「Chu×Chu!!」だったり、果てはDVDに収録されなかった幻の曲「奇跡の絆」まで聴けたのは実に良かった。


…しかし会場のノリがな……話す相手も居ないんで心の中のわだかまりを日記に吐き出すために、色々書くことがある中で今日はゆいにゃんライブについて書こうと思った。
最近のゆいにゃんのライブではお馴染みですが、皆跳んでない中ほぼ俺だけが跳んでたら周りの何人かに注意をされた、ということがありまして。ライブの注意事項は「過度なジャンプやヲタ芸の禁止」です。ゆいにゃんに誓って過度なジャンプはしてません。してたらすぐにスタッフがそれこそ飛んで来るだろうし。


最初はいつものように「あー、じゃあ気をつけますんで」っつって気をつけつつ跳んでたんですがその後も同じだったんで、埒が明かないと思ってMC中ながら話すことに。
そしたらもう、「後ろが見えなくなるから一切跳ぶな」と。そんなこと言ったら前に居る奴全員座らな後ろの奴は見えんやないか、俺もぶつかったり高く跳んだりしないように気をつけるし君らもちょっとずつ我慢して皆で譲り合っていこうやと、そのように反論すると、「周り、誰も跳んでないでしょ?」と。

周りがやってないから自分もやらんってのは俺には到底納得できないんでまた反論すると、「空気読んでください」的な感じで、あれは切なかった。確かに彼らから見れば、一人だけ跳んでる俺は空気読めてないように見えるんでしょう。俺の言い分としては、皆が跳んではいないけど声上げて拳振り上げてるところで、俺は若干の縦運動を加えてるだけでライブの空気は壊すような逸脱はしてないし、俺が率先して跳ぶことで以前みたいに皆で適度に跳んで今よりもっと盛り上がりたいという気持ちがあるんだけども。
むしろ盛り上がるのは正義、みたいな意識があって今までもずっとそういう風にやってきたので、それがここでは「空気読めてない」とされてしまうのが凄く切なかった。


結局、俺の後ろに居た人には前に行ってもらって、誰の視界も遮ることのない端っこで跳ぶことにしてその場は収められました。なので、これもゆいにゃんに誓って言いますが、その後は彼らが憎いとか、そういうことは全く思ってません。おそらく、会場の大半の意見を彼らが代弁した、くらいの雰囲気でもあったんで。
ただ、自分がよかれと思ってるライブの楽しみ方が、自分なりに譲歩してもそれでも「ダメ」という、自分には窮屈に感じる雰囲気なので、ゆいにゃんライブに参加するのも潮時なのかなぁとも正直思いました。

ゆいにゃんは好きだし、曲もダンスも好きだけど、毎回何かしらわだかまりの残るライブだったりするので、自分ちでCD聞いてDVD観て…ってやってた方が良いのかなぁと。こんなこと考えるのはもちろん初めてですが、それくらい「空気読めてない」と言われたのがショックだった。


「わかりました、じゃあ跳びません」という譲歩は一切あり得なかったんです。禁止もされてないし、(自己評価ですが)逸脱もしてない迷惑もかけてない行為を、なんで同じ立場の人から言われて止めないかんのかと、そこは最後の意地の張り所w
…でもまあ色々考えましたが、ここで「今後ゆいにゃんのライブに行かない」なんて言ってしまうと、それこそ他人に遠慮して自分の好きなことを諦めることになり本末転倒なんで、次からはほぼ跳ばずに参加することになるかと思うんですが。危うく見失うところだったが、一番大切なのは俺の好きなゆいにゃんやゆいにゃんの歌やゆいにゃんのダンスを観ることだしな。


オタ芸禁止を掲げてるゆいにゃんはアニサマ出演について、

「色々考えたけど、『オタ芸禁止の人』程度しか榊原ゆいを知らない人にも、『オタ芸禁止って言って、こういうステージをやっているのか』というのを見てもらうために、出演することを決めました」

というようなことを言ってました。1つ前の日記ではゆいにゃん出演に手放しで喜んでた俺だけど、
前から「オタ芸アリのイベントには出ない」と言ってたから、本当に色々考えたんだろうなぁというのはわかります。事実だけ見たら「前言を撤回した」と取られてしまうのかもしれませんが、一番根っこにある、自分のステージを「魅せたい」というようなゆいにゃんの信念はまったく変わってないんだよな。
俺も見習おうと考えました。

今年のアニサマでは、アニサマに行ったゆいにゃんファンがいつものように跳ばずに見てたら、俺なんかがすんげぇ楽しそうに跳んでて、羨ましくなってしまうくらいに盛り上がって楽しもうと思ってます!

イベントレポ2009.03.01(Sun)22:50コメント(0)トラックバック(1)編集Top↑
dot3 dot1
dot1 dot1

list野川さくら にゃっほ~♪TOUR 2009 ~さくらのうた~

1.Eternal Memory
2.ハイ・エナジー
3.ローズテイル
4.もっっと!
5.SAKURAマジック~しあわせになろう~
6.そよ風のロンド
7.君色パレット
8.卒業アルバムの中の無傷な夢
9.1999
10.三鷹市上連雀
11.ハートのパズル
12.星の降る丘
13.Good morning~にゃっほ~♪
14.Romantic Summer
15.Love Love Loveのせいなのよ!
16.Lunarian
17.君はHERO
18.Party Play
19.星のキャンバス

en
20.小さくI Love You
21.とびきり さくら組

en2
22.遥か



この日は最前! 跳ぶスペースが凄く広く、地面も柔らかかったので、ベースのバッキーと同じく「裸足でいきましょ!」w 普段履いてる靴がいかに跳びにくいかがよくわかるほど、跳べました。目の前に来てくれたさくにゃんと目線の高さが合いそうなほどw


「ハイ・ハイ・ハイエナジー」とキャッチーなサビが続く「ハイ・エナジー」でかなり盛り上がって楽しかったんですが、次の「ローズテイル」がこのライブで一番良かった!
自分でも何でこんなにローズテイルが好きなのか意外なんですが、生演奏で聴くと熱くて熱くて最高すぎる! CD版は、全然ギターの音が入ってなかったりで音が非常にショボく聞こえるんですよねw 元々パチンコの曲だから、ボーカル聞き取りやすいようにわざとそうしてるんだろうか?


この曲に限らずですが、バンドの皆さんの演奏が全体的にメチャ熱、しかも最前でスピーカーの真ん前だったからか、久しぶりに超大音量でのライブだったんですよ。ドラムが腹に響いてくる感じ、ホント久しぶり。広い会場のクソ席ばっかだったからなぁw

ただ、音が大きくて自分の声が聞こえないため、ついつい喉を酷使してしまったみたいで、
ライブ後しばらくしたら全く声が出ない状態に。こんな風になるのも久しぶりだなぁ…
「いただきます」と一言言うにも全身全霊かけて、やっと蚊の鳴くようなかすれた声が出るってくらいw


「SAKURAマジック~しあわせになろう~」は熱い曲ではないけど、これも好きだなぁ。
セリフの後の「fu-!」も出来てご満悦。「もっっと!」や「君色パレット」などの定番曲はもちろん楽しく。定番っつっても、さくにゃんのライブ自体が1年半ぶりだしな、かなりお久しぶり。


年々歌が上手くなっていってると思えるので、バラードコーナーが5曲あってもむしろ歓迎、みたいな。「卒業アルバムの中の無傷な夢」とか、ホント素晴らしくて感動したもの。「1999」とかどこで聴いたのかわからんけど知ってたし、「三鷹市上連雀」は知りすぎてるほどに知ってるw


大阪限定だったらしい「Romantic Summer」とそこからの2曲は、俺には嬉しすぎるプレゼント…!
瀬戸の花嫁はアニメとしても好きだし、アニサマはじめ色んな機会に聴いてるから俺にとっては定番曲!
そして電波な方向に一歩飛び抜けた「Love Love Loveのせいなのよ!」が今回もまた聴けるとは!
さくにゃんのCDとしてはリリースされてないと思うんだけど、それがアニメも終わって久しい今でもライブで聴けるってのがすげぇ嬉しいわ。こちらは、「アニメとしても好き」とはお世辞にも言えませんがww
「Lunarian」も、合いの手が凄まじくてノリノリ。前のライブで必死に予習してたのを思い出すなぁ。そんな特訓もあってこの日は完璧に楽しめた!


「君はHERO」と新曲の「Party Play」は知らなかったけど、これもロックな感じで燃えるんだなぁ。今はロック路線押しなの? いいぞもっとやれ!!w 「星のキャンバス」も今改めて聴いてみて「あれ? こんな大人しい曲だっけ?」とか思ってしまうほど、ライブでは凄かったッス!
ギターの人の真ん前だったので、弾いてる手の動きまでしかと目に焼き付けられて更にヒートアップ! 奥まった場所にいていつもはなかなか見られないドラムの演奏も、すげぇ見やすい位置だったわ。


RPEのCMで(俺に)お馴染みの「小さくI Love You」も聴けて嬉しかった。ラストがバラードでしたが、アカペラで始まる「遥か」、最初の第一声で引き込まれたわ……



MCはやっぱりもの凄く。俺が好きな人って、色々ぶっちゃけてしまう、飾らない人ばかりなんですが、その中でもナンバーワンはやっぱさくにゃんです。MCで「死ね」とかいう単語が出てくるライブなんて聞いたことねぇww さくにゃんが誰かに向かって言ったわけではないので、念のため。

翌日に控えた誕生日のプレゼントを催促する「お金大好き」なところも相変わらずなようで逆にホッとするw あとこの日は、前日に飲んだ赤ワインが効いているのか話がやたらエロい方向に。自分のバストサイズを明言して誇示するようなライブも初めてだ。
確かに、客席から見てても大きかったです。翌日の名古屋ライブでは女性下着屋の袋を持ったファンが散見されたとか……買いに行ったの……? 信者って恐ろしい…w


特にゆかりんのツアーの真っ最中ということで楽しめるか不安もありましたが、以前と変わらず、アホのように盛り上がれて非常に楽しかったです。特に、定番曲よりむしろ「ローズテイル」など今回初めて聴くような曲で凄く盛り上がれたのが良かった。今後リリースされる新しい曲も好きになれそうだと思えるから。末永く応援していきたいですね。

イベントレポ2009.03.02(Mon)12:50コメント(0)トラックバック(0)編集Top↑
dot3 dot1
dot1 dot1

list北海道旅行記3 ~ペンギンの散歩~

☆北海道旅行記☆

か、かわぃ……

ジェンツーペンギン前を往く


書くべきことが溜まりまくってるので、毎日ちょっとずつ写真アップして書いていこうかと。
…ということで2月23日旭山動物園でのベストショット2枚! いやー天気が良くて綺麗に撮れた!
これは午前11時からのペンギンの散歩の写真、
この小さいナリとそれに反してふてぶてしく見える顔、自信満々な歩き方…全てひっくるめて愛くるしすぎるだろ……
ペンギンの散歩は歩くも歩かぬもペンギンの自由なので、一羽でもこのジェンツーペンギンが出てきてくれて実にラッキー!

午後の部ではジェンツーペンギンが出てこなくてキングペンギンだけだったし、早朝から行ってホント良かったよ。午後は写真は撮らず動画を回しっぱなしにして、ひたすら目に焼き付けるのに集中してました。


「メシないの?」


右端のキングペンギンがスタッフにやたら絡んでたのでパシャリ。
セリフは「元気出せよ」でも可w
そして左側には、マイペースで我が道を行くジェンツーさんw 後続なんて知ったこっちゃねぇ!


自由気ままに遊び出すジェンツーさん


こんな姿まで! 自分の前を通り過ぎてしばらくしてからだったので、
最大望遠で撮影したけどやっぱ綺麗に撮れとるわ、満足満足。
それにしてもこのジェンツーさん、フリーダムすぎるw
キングペンギンは群れの意識が強く、前を歩く仲間が立ち止まれば自分も立ち止まるという「右へならえ」タイプで、ジェンツーペンギンは群れの意識が薄いんだとか。



「魔法少女リリカルなのは」トークショー開催!
おお!! リリカルパーティー!!(違います)
今年から働き出すことだし、東京国際アニメフェアにも一度行っておこうかなと思ってたらこんな朗報が! こりゃ行くっきゃねぇ!
出演はゆかりんだけなのね。あと三嶋Pと。この二人のトークはそれこそ何度も観たことあるけど、一つのアニメについてゆかりんが語るのを観るのは珍しい。いつも通り脱線しまくるのか、それとも真面目になのはについて語っちゃうのか……う~んあんまり想像つかないなぁ。どっちにしても、ゆかりんファンでなのはファンな俺は楽しみです。



サプライズゲストでした|「DJドアラの制作日記」
ドアラのブログに! これを見る限り、開演前にゆかりんはドアラに会ってたみたいだな。
ステージ上では新鮮なリアクションだったように見えたけど、流石役者ということなのかw
札幌でのヒロくん登場はさすがにサプライズだよな…?


しかしおもしろいのは、俺らの感覚からすると、
「ドアラという有名人(?)がライブに来てくれるなんて、ゆかりんは凄い!」
と思ってたんですが、このドアラ側からすると、
「アニメ界のコンサートに出演するなんてドアラは凄い!」
と感じるんだな。当たり前だけどその視点の違いがおもしろい。

…ドアラもキングレコードだったのか…



May'n 全国TOUR開催決定!
早くも! 大阪であるといいですねぇ。

旅行・遠征・オフ会2009.03.02(Mon)21:37コメント(0)トラックバック(0)編集Top↑
dot3 dot1
dot1 dot1

list北海道旅行記4 ~寒いだろ、それ…~

毎日オブリビオンしかしてない生活だけど最高~~


メシも待ってりゃ出てくるし


朝も遅くまで寝てられる


あ~、ケツ痒ぃ


ハァ…明日学校行くのめんどくさいなぁ…



今週の俺を旭山動物園のホッキョクグマが語ってくれましたw


雪の中の動物園というのは珍しく楽しいものでしたが、足が超冷たくなるのな。

雪の冷たさが靴底を伝わってきて、特にペンギンパレードを待ってじっとしてる時なんか冷凍マグロ状態。足用のカイロか、雪国仕様の靴は必須ですね。


何はともあれ、一番の目的だったペンギンパレードが見られて大満足な二日目でしたとさ。

未分類2009.03.06(Fri)02:23コメント(0)トラックバック(0)編集Top↑
dot3 dot1
dot1 dot1

list北海道旅行記5 ~NSS~

北海道三日目はノースサファリサッポロと、その近くの豊平峡温泉へ。
定山渓温泉よりもう少し奥にある、その辺りでは一番値段が高いところなんですがいや良かった!
さすがに温泉の写真は無いんですが、写真通りの広い岩の露天風呂は絶妙な湯加減で、一人で3時間入ってました! 雪がひらひらと舞う中、山の中からの雪景色を見ながらゆったりと……これだよ! 俺が求めてたロケーションはまさにこれ! 雪の中の温泉ってのはいかにも「温泉」って感じがします。
次はもう一つの俺が夢見る温泉、「満天の星空の下で温泉」を実現させたいぜ。


ステキトカゲ


なんか飛び込んでしまいそう


さてノースサファリサッポロ! いきなり一枚目の写真では誤解を招きまくるでしょうね!
最初にちょっと水槽やケースがあるところを抜けて、二枚目の写真のような動物園のふれあいコーナーのような、ややこぢんまりとした園内に入ります。一枚目は思いがけず、ウロコの質感まで感じられるほど良い感じに撮れてたので思わずw


エサをねだるビーバーさん

マヌケだわ~

こんなに間近でビーバー見るのはもちろん初めて。さわれます。というかここにいる動物は大抵おさわりOK。写真じゃわかりにくいけど、尻尾が爬虫類のウロコみたいな質感なんですよ。超気に入ったw


ワラビー。こ、これは……

カンガルー科!!

いやいや、カンガルーの仲間だったとか全く知らなかったので、
お腹の袋から何食わぬ顔で「コンニチワ!」と顔を出してるのに気付いて超ビックリしたんだけど。
こういうわかりやすい可愛いヤツももちろん好きなのよ。

その6に続きます。最終はその20くらいになるんちゃうかw

未分類2009.03.06(Fri)21:21コメント(0)トラックバック(0)編集Top↑
dot3 dot1
dot1 dot1

list今晩、泊まります。

飽き飽きするような18切符の旅を経て東へ。
結局、福岡公演から今日に至るまで、咳が止まらんかったなぁ。ホントに風邪なんだろうな…?

しかし今朝、家の薬箱を漁ってたら「のどスプレー」なるものを発見。
ライブにドーピング検査が無くて良かったなあと思うくらい即効性があったので今日のライブはだいぶいけそう…!?
最初の3曲終わって飲み物がぶ飲みして全部流れそうな気がするがw
携帯更新2009.03.08(Sun)15:28コメント(0)トラックバック(0)編集Top↑
dot3 dot1
dot1 dot1

list全公演終了!!

ダブアンあって最後の最後は何と!「Spiritual Garden」!!!

ゆかりちゃん祭りのアコースティックコーナーであったから、またしばらく無いんだろうなと諦めてたらまさかのファイナル限定!!
定番なのに今回無かった「Little Wish」か「恋せよ女の子」あたりだと思ってたからホンマ予想外で嬉しかった!!
しかも歌う直前のMCが「こうやってみんなとライブやるのって永遠じゃないよね。だからこそこの時間が楽しい」というような、完全に共感出来る、いつも頭のどこかで考えてるような内容で、その流れで「大人になっても忘れない。出会えてよかった」というSpiritual Gardenが歌われるとかもう感動的すぎでした。指一本動かせないくらい聴き入ってた。


この3週間、それぞれの公演が楽しいことだらけだったけど、最後に全部持って行かれた感じ。俺にとってこれ以上無い、最高のラストでした!
素晴らしい時間をありがとう!
「カウントダウンライブ」めちゃくちゃ楽しみにしてます!!
イベントレポ2009.03.08(Sun)23:04コメント(0)トラックバック(0)編集Top↑
dot3 dot1
dot1 dot1

list「空気を読め」と「空気を読めない」は違う

「空気読め」という言葉の『空気』は誰によって作られたのか - 空気を読まない中杜カズサ

自分にとってもの凄くタイムリーで、そして共感できる内容だったので。

私の言ったことが正しかったかどうかはわかりません。しかしその意見に対して反論をしてくれれば私も納得したのですが、その「空気読めない」という言葉は、その意見に対して何も組み立てていないばかりか、こちらの意見をも全て無効化してしまうものでした。まあ今、本当に熱心語る気があれば、そこから空気を読まないという言葉の問題から徹底的に反論するでしょうが、なんかもう「ああ、そうなんだな、ここは」と思ってしまい、何も言う気がなくなりました


数日前、生まれて初めて「空気読め」と言われたときはまさにこの状況でした。自分なりに理屈を立てて言葉を尽くして「~と思うんだけどどうよ?」と問いかけて、返ってきたのが「空気読んでください」。その時はなんか笑えてきてしまいました、この先もうどうしようもないなぁと思えて。
「徹底的に反論」なんて、ライブ中に出来るわけもないししたくもないですしね。

本文はこの部分だけでなく、ほぼ全部が自分の脳内を見られたかと思うほど共感できるので読んでみて欲しいところです。これも一つの思考停止かw でもいちいち取り上げていくと全文そのまま転載するのと同じになりそうなんだよなぁ。それくらいシンパシー。いやsympathizer。



そこで思ったのがタイトルの、「空気読め(1)」と「空気読めない(2)」は違う
リンク先のリンク先であるスレに「空気を読むのは日本の文化」的な意見がありますが、それは「空気読めない(2)」の方。「あいつって空気読めないよなー」と使う方なんだと思いました。ほら、本人の居ない陰でこっそり言ってる辺り、いかにも日本的!w


いやまあ日本的だからそれはオッケーみたいな話ではないのですが、場の雰囲気をわきまえない人を嫌悪する風潮みたいなものは確かにあるんだと思います。調子に乗る他人を見て「(空気読めよ…)」と心の中で念じることが、誰しもあるんじゃないでしょうか。


ただ、その言葉を議論・話し合いの場で使った場合の「空気読め(1)」の方が問題で、スレタイを借りれば「日本をダメにした」と言えるんでしょう。我々日本人には「空気読めない(2)」人を嫌う風潮があるから、ついついよかれと思って会議なんかで「空気読め(1)」と言って、言った人の周りも別に気にしない。ただ、「空気読め(1)」と使う限り、半強制的な思考停止ですから!残念!

村の実力者の長老が全てを決めるような封建的な合議の場だったらそれでも良いだろうけど、皆で話し合ってより良い意見を出そうとする民主的な会議で言っちゃうのはダメすぎですよね。結局封建的な合議と何も変わらなくなる。


面と向かって「空気読め(1)」という言葉は使わない方が良いと、そう思います。
話し合っているのなら、「場の空気」になんて頼らず自分の価値観をぶつけるべきだ。
そうすれば、本当に自分の価値観が「場の空気」に合っていれば周りも賛同してくれる。
俺のガラスのハートも傷つかずに済むw

ネタ・長話2009.03.10(Tue)00:08コメント(0)トラックバック(0)編集Top↑
dot3 dot1
dot1 dot1

list田村ゆかり LOVE LIVE 2009*Dreamy Maple Crown* in千葉

※福岡公演 大阪公演 名古屋公演 札幌公演

毎回、ご当地グルメをイメージしたソロ演奏を披露してくれるバンド紹介コーナーですが、
千葉公演である今回は全員が落花生(ピーナッツ)をイメージw
ゆかりんのライブと言えば何かしら地方をバカにした(良い意味で!)ネタがあって、
俺はそれが大好きなんですが、バンドメンバーも巻き込んだ新手の「それ」が見られて大変満足w
「Dreamy Maple Crown in幕張メッセ! …あっ、幕張なんて格好いい言い方しちゃった。千葉!千葉!」ともww いつか自分の地元に来てもらえたら、思いっきりバカにしてもらうんだ……!


今回も「星降る夢で逢いましょう」が凄く良かった。歌詞に登場する人物を自分に置き換えて、集中して聴いてるわけですが、今回ふと思った。「わたし」って女の子と「あなた」って男が登場するから、「あなた=俺」と疑いなく変換してたけど、逆転の発想で「わたし=俺」にしてみると……これはヤバい! 何て幸せな平行世界…!
…OK、tonight、夢で逢いましょう。


「メタウサ姫」のバックストーリー映像は、福岡の初見では爆笑だったなぁw
特に、管理局の白い悪魔なシルエットが登場したときのどよめきと歓声といったらもうね。
「さあ、皆さんご一緒に! 『少し、頭冷やそうか』」
という箇所があったんですが、初日はその「皆さんご一緒に」があったことに気付かなかったくらい、会場中が熱狂の渦の中でしたw
5回も観てるから流石にほぼ完璧に覚えてるんだけど、詳しくはDVDで!w


「シュガー・チューン」に関しては、ライブでもラジオでも「振りについて行けなくて慌ててる様子が忍びない」という話をしてましたね。こちら観客側としては初日から全然そんな風には感じなかったけど、ステージから見るとそうなのかー。ゆかりんが「自由に楽しめばいいと思う」って言ってるんだから、合わせるのに集中してないで自由に楽しめばいいのに。
「みんなの、自由に楽しむ機会を奪ってしまった気がする」とまでゆかりんに気を遣わせるほどってのはどうなのよ。貴様達! ゆかりんのためにも自分が一番楽しめるようにライブを楽しみやがれ!!ww


今回の会場には花道があって、「fancy baby doll」では間奏でぬいぐるみ投げる時に、そこからゴンドラ?に乗ってアリーナの通路に!! アリーナ最後方中央だった俺にかなり近いところまで来てくれた! ありがとう! 間違いなく今回のツアー中一番近かった! 札幌公演後ろから4列目で「まあまあ近い」とか言ってたあの日にサヨナラ!w


後ろの方ではありましたが、PA席に近く音の聞こえ方は非常に良い位置だったと思います。アリーナタイプの広い会場にしては凄く良い感じに聞こえました。
ステージと客席のほぼ全体が正面から見渡せるばしょだったので、パーン!と銀テープが舞うところも凄く綺麗に見えたし。あれはちょっと感動しました。
通路側で足下も実に広々、裸足になって跳びまくってましたw てっきりアリーナの端っこだと思ってたので、満足のいく座席だったと言えましょう。
…だからって前の方の席が欲しくないわけじゃないからな!!w>FC
結局5公演中3公演が通路側だったぜ。


アンコール3曲目の「プレゼント」を歌う前に、それまでの「ホントに最後の曲です!」という前置きが無く「それじゃあ歌います!」だったので、「ダブルアンコールあるやん!!」と思ってwktkが止まらなかったのをよく覚えています、若干上の空気味だったくらいにw


そして昨日携帯から書いた、まさかの「Spiritual Garden」
例のライブバージョンだけのイントロを聴いて魂からのガッツポーズ。
世界で一番幸せな時空でした。


福岡公演のレポで、

これが、ファイナルでのゆかりんの結婚報告の伏線じゃないかと疑心暗鬼になってた相方が滑稽でしたが、同じような杞憂を抱いてる国民は結構居そうな気がするw ……杞憂……だよな……?

と書きましたが、杞憂でしたw
でも最後の方のMCで、「重大発表!」と言ってまず戯れに「普通の女の子に戻ります!」と言われて、その瞬間ネタだとわからず絶望的な気持ちになりましたw 今思い出しても胸がズクン…ッ!ってなるわw 周りが皆笑ってて、「え…? あ、ああ…、ネタか……ネタか! ワハハ! ハッハッハ!!」ともう小躍りしたい気持ちにw 怖い怖い!


そしてその重大発表とは、二度と無いと散々言われてたカウントダウンライブ決定。
ウオオオォォ!!!おめでとう!!!ありがとう!!!
「できればツアーもやりたい」とゆかりん自身が言っていたので、それも含めて死ぬほど期待して続報を待ちましょう!
チケット争奪地獄にならなきゃいいなぁw


そんな、楽しい楽しい楽しい3週間でした。
一番楽しい、一番幸せ、一番疲れる(w)、一番大好き。
俺にとっての一番は、やっぱりゆかりんなんだな、って。
世界一幸せだと思えるなんて、なんて幸せなんだろう。

イベントレポ2009.03.10(Tue)01:37コメント(0)トラックバック(0)編集Top↑
dot3 dot1
dot1 dot1

listそして江ノ島へ

昨日は新江ノ島水族館に行ってました。
「この期に及んでまだ動物を見に行くのか」とも考えましたが、「18切符期間中に行こう」と前々から思ってて結局これまで行けてなかったし、この機を逃すな!ってことで。
北海道の動物たちの写真もまだまだ溜まってるのもあって、ほとんど写真を撮ってないw
4つか5つくらいショープログラムがあって、何気に初めて観るイルカショーに圧倒されたり。あの図体でよく跳びよる…! しかも賢いんだなぁ……


噂に聞く深海コーナーは、確かに他の水族館では観られぬ充実ぶり。
ただ、ダンゴムシの仲間だというオオグソクムシや、更に大きいダイオウグソクムシが生理的に受け付けなくて、怖くてあんまり近づけませんでしたw 昆虫と同等かそれ以上にクリティカル……俺を拷問するときはオオグソクムシを使うと良さそうですよw


普段よく食う魚をまとめてコーナー展示する潔さに萌え。
水族館に来て、使い古されたネタ「ヒャー美味そ~!」をやりたい奴はここで存分にやってね的なw
アナゴ(若本さんじゃないよ)が蛸壺みたいな筒状の構造物に、何匹もひしめき合って入ってる様がキモかわいかったです。それから大水槽は確かにずっと観てても飽きない。特にイワシの大群の一糸乱れぬ泳ぎは実に美しい…


クラゲコーナーも、普段は箸休め的なはずが、ポリプの状態が展示されてたりして、非っ常~に興味深かった。「え?これクラゲ? 生きてるって、なに?」と思うこと請け合いw
「クラゲ ポリプ」とかでぐぐってみればいいじゃない。


あとは「今上陛下のご研究」なんてのも他じゃ観られんよな。
公務が無い日はこういう研究とかしてるのね、そんなことも知らんかったわ。
家でゲームやってるとは流石に思ってなかったけどw
昭和天皇のヒドロ虫類は理解できないが、平成天皇のハゼ、秋篠宮文仁親王のナマズはそのかわいさに納得w


なんか、すんげぇ広い水族館をイメージしてたんだけど、そんなに広くもなくて正直少し拍子抜け。…といいつつ休み無く3時間以上見て回ってたんですがw
積年の夢が叶って良かった、帰りの時間もあって江ノ島でゆっくりできなかったのは残念でした。神社に軽く参拝だけしにいって、あとは孤独のグルメよろしく出来たてのまんじゅうと江ノ島丼に舌鼓を。

まんじゅうはつぶあんが選べるのが素晴らしい! 大体まんじゅうっていうとこしあんなので苦手意識があるんですが、こしあんアリ! これは美味い!

江ノ島丼は、例の店ではありませんがモノは多分同じでしょう。
さざえを卵でとじてある丼で、作中でも言われてるように確かに親子丼っぽい味ばかりがしてさざえの味がよくわからんかったw まあ感じ感じ。俺の入ったところはその丼が大盛りにできて、さざえの壺焼き、普通の味噌汁と白子もついて1000円だったので観光地にしては安くて良かったよ。


そこから帰りも鈍行でえっちらおっちら……主に「エレガントな宇宙」読んでた。
宇宙おもしろいなぁ……行きと帰りと、その前にも結構読んでたはずなのにまだ半分しか読めてないってのがパネェw

旅行・遠征・オフ会2009.03.10(Tue)21:47コメント(0)トラックバック(0)編集Top↑
dot3 dot1
dot1 dot1

list北海道旅行記6 ~NSS2~


ハリネズミ。ミスドにこういうドーナツあったよな?


ずっと二本足で立ってたんだけどなんなの?


ポツーン。


やっぱりさわれます。

気温0℃前後の寒空の下、寒いところが苦手な動物は暖房がガンガンにかけられた各部屋に居ます。
その中には何と爬虫類部屋も! 嬉しい誤算…!

こ、コイツは…!?

入って正面に居たのでパチリと撮ったんですが、置物でした。
作り物相手に必死でカメラ構えてた俺……マヌケすぎるw


こっちは生きてます。どちらも微動だにしないからわからねーんだよ!w
そんなことをやってたら、ビルマニシキヘビとのふれあいの時間がはじまったよ!
体重14kgくらいのゴッツイやつを首にかけてもらいました! 写真も撮ってもらった!
ねんがんだったんだよなぁ、デカイヘビを首に巻くの……



この距離でずっと、ホント長いことベタベタ触ってましたw
スタッフのイケメンお兄さんも「爬虫類とか好きなんですか?」と聞いてくるくらいにw
そのお兄さんも爬虫類好きで、家でトカゲを飼ってるとかで、濃ゆい爬虫類トークにしばし花が咲きました。なるほど…草食性の強い種を選べば飼うのも楽、か…

ニシキヘビをひっくり返して、
「ここが肛門なんですよ。それからこれが、足があった頃の名残のツメで…」
とか、普通の人にやったらドン引きなサービスもw もちろん俺は大喜び!


狐、いわゆるまこぴー。


2Pカラーも

最近オープンしたらしい、併設された「フクロウとキタキツネの森」にももちろん行ってきました。
フェンスに囲まれたそれなりに広いスペースに、10匹ほどの狐が寝たり走ったりと思い思いに過ごしてます。ほとんど寝てるけどw エサをやることも出来るんですが、「少し近づいただけで逃げるし、やっぱり犬とかとは違って狐は警戒心が強いなぁ」と感心してたのに、エサを持った別の客に媚びるように近づいていくのを見て、やらないことにしたw
NSSではせっかくだからとアヒルのエサだけ買ってみたんですが、仲間を押しのけてエサを食う様が必死すぎでちょっと後悔したw

フクロウや鷹もいるんですが、カメラの電池切れで写真は無し。
紐で繋がれてるのが可哀相だと感じてしまうなぁ……
憧れだった、鷹狩り体験はやってみて、お金を払おうとしたらちょっと可愛いスタッフの人が「サービスします」と言ってくれて、その言い方が可愛かったのが良かったw なんだその感想w



↑の狐たちはおさわり禁止なんですが、触ってもOKな狐として2匹ほど別の所に鎖で繋がれてました。「ちょっとやんちゃでかみつくかもしれないので気をつけてくださいね~」とお決まりの注意を聞きつつ、固くて細い狐の毛をしばし堪能……と、そこでコートのポケットに入れた携帯を取り出そうとしたら…

がぶ~!超がぶ~!!

いやいや、思いっきりガチで噛みついてるんですが。
軽くパニクってスタッフ呼びかけたけど、この機を逃すな!と天の声があって、噛みつかせたままカメラを取り出しパチリ。これを最後に電池が切れました…デジカメ超GJ。

しかし、結局同じように2回噛みつかれたんですが、これは「ちょっとやんちゃ」では済まないレベルだったような…
分厚いコートの生地越しだったから良かったものの、素手だったらホントに肉まで食い込むほどのガチっぷりでしたよ。まさに「マー君甘噛みダメー!」状態。

貴重な経験が出来て大満足ですw


そんな感じで、ノースサファリサッポロはとにかく動物との距離が近くさわりまくれるのでかなりオススメ。丸一日は使わないから遊んだ後は定山渓温泉に行っても晩飯時には札幌周辺に帰ってこれるし、また奈々ちゃんのライブか何かで札幌に行くことがあればNSSにもまた行きたいw

ちなみにこの日の晩飯はかにすき食べ放題。一昨年行ったサッポロビール園にて。
ホットペッパーに載ってた安いコースだっただけに、それはそれは小さいずわいでしたw
それでも、比較的大きい部位はそれなりに美味いし、流石ビール園だけあってビールが美味かったので制限時間いっぱい使って暴食。「食べ放題に行くと同席者をウンザリさせるスキル」は健在だったようで。



2006年晩夏にも同じような写真をアップしてるはずw
シメにうどんがあって、それをまた一人で2玉とか頼んだりするから妹も呆れ顔だったんですが、
当たり前だけどものっそい濃厚なカニのダシが出とるんですわ、むせ返りそうなくらいw あの汁で雑炊したら美味かったろうな……


今回の北海道、雪がない地元でもツルッツル滑る靴を履いていったので、空港に着いたらまず、
靴の裏に貼る滑り止めを買いました。その甲斐あって雪道も全然滑らなかったんですが、
ここでしこたま飲んで、帰りに横断歩道で漫画のように豪快にスッ転びましたw
タクシーが信号待ちしてた目の前だったので、まあ観客が居て良かったと思っておこうw

旅行・遠征・オフ会2009.03.11(Wed)21:58コメント(0)トラックバック(0)編集Top↑
dot3 dot1
dot1 dot1

list北海道旅行記7 ~小樽・余市~










北海道4日目はベタに小樽。とりあえず午前中に運河をチラ見しにいって、そこで撮った上の2枚。全然間を置かずに撮った2枚なんですが、まるで印象が違うなぁ。流石北海道と言うべきか、晴れててもすぐに雪が降ってくるのがテンション上がるわw


朝飯代わりにアイスを食って、体の芯から冷えたので金融資料館で暖を取ったり。
真冬の寒空の下アイスを食う奴は愚かだ! そら奇跡も起きんわw


小樽よりもう少し先の余市に足を伸ばして、「ファミリー寿しガーデンハウス」というところで昼飯。安くて美味い三色丼、とろけるようなサーモンが忘れられません……一番好きな刺身を聞かれたら、今後はサーモンを挙げるかも。それくらい気に入りました。



ウィスキー工場見学にも行って、やっぱりウィスキーは俺の口には合わないと確認してきたw
元々、全然飲んだことがなかったので、工場の試飲という「美味い」とされるモノを飲んでみて今後飲むかを判断しようと思って。
…結局、2杯まで飲めるのに1杯でやめたほど、俺に合わなんだw


一つ、ガイドさんの説明で印象に残ってるのが、
「樽に詰めて置いておく間に蒸発してどんどん少なくなっていくんです。この無くなった分のことを『エンジェルシェア~天使の取り分~』と呼んでいます」
思いがけずメルヘン空間…! 脳裏には「アンジュ・パッセ」が流れて幸せな気分になりましたw



ここで、別々に北海道に来てた相方一行と合流。


目線とかめんどくさいので小さめ画像

ほぼ同じ格好で街の視線はKU・GI・DU・KE!



↑は余市のウィスキー工場で、そこから小樽に戻って運河・ルタオ・オルゴール館にガラス館と一通り押さえてきました。オルゴール館良かったなぁ……すんげぇ金に余裕が出来たら買いたい、と思えるモノがいくつも。
…あとは写真を見ての通り、バカ写真撮影と雪遊びに徹してた気がするw
ホントはしゃぎすぎでしたすいません、「小樽でオタ芸」とか調子乗りましたスイマセンw
オロチ君旅行ってのが久しぶりだからつい楽しくなっちゃったのね。
「押すなよ!?いいか、絶対押すなよ!!」というダチョウ的茶番で全身雪まみれとか、小学生か。
……いや、小学生もそんなことはしないw

旅行・遠征・オフ会2009.03.12(Thu)20:44コメント(0)トラックバック(0)編集Top↑
dot3 dot1
dot1 dot1

list北海道旅行記8 ~円山動物園~

5泊6日の旅行の中で3回動物園に行くのもどうかなぁとは思ったんですが、コモドオオトカゲの展示が1年限りと聞いて、この機を逃せば次はいつになるかわからない!と思い、もうコモドのためだけに円山動物園に行ってきました。


猛禽類や猛獣館もそこそこに、早速爬虫類館に。


一応イチオシ。但し地味w



普段はほとんどインドネシアから出す事が出来ないらしく、当然日本では今、ここでしか見られないということで目玉展示になってます。…が、やはり所詮は爬虫類なので微妙に安っぽいw まあでも、女性グループとかにも「カワイー!」とか言われてたし、他のヘビなんかに比べたら人気はありそう。明らかにコモドオオトカゲ目当ての人も何人か居たし。





ガビアルモドキがお出迎え




この状態で固まってるから、ホンマ置物かと思いましたw こんなごっついのが5匹も入ってて、ガラス越しではあるもののかなり近くではっきりと見られて、これはうれしい誤算。他では、水に浸かっててよくわからなかったり遠かったりで、ここのようにワニの尻尾の形や質感までつぶさに見て取れるってのは初めてでした。ワニが好きなら円山動物園へ!



デカイ、デカすぎる。




…と、ここでカンガルーのお散歩が行われる旨のアナウンスがあり、入り口付近のカンガルー館まで慌てて戻る。




アホの子


ピョンピョン飛び跳ねて移動する様が見られて感動。カンガルーっつったらそれだよな。あとお腹の袋。解説でも言われてましたがこの子たち、あまり頭がよろしくなくて、基本的に言う事は聞かず鼻先にぶら下げられたエサで移動方向を誘導されてました。
その他、行動の端々からアホの子オーラが出てましたw




地獄の門




爬虫類館の中にこんな扉があったんですが、扉の奥ではなんか蝶がバタバタ飛んでるのが見えて、空恐ろしくなって入り口の写真だけ撮ってスルーw 怖すぎだろ……





206 インドネシアの至宝・コモドオオトカゲ!!




こっち見んな



うおおおおぉぉ! 思ってた以上に愛くるしい! デカイ!
こちらはオスのコナン、228cm・54.5kgの巨体でどっしり構えてます。たまに長い舌をベロンと出すのがとってもキュートね! あくびするところまで見られてもう大興奮!



一回り小さいメスのコニ、180cm・23kg




こっち見んな


普段はじっとしてるんですが、割と高確率で「こっち見」てきますw




ぐっにゃ~ん


目を閉じたり。カワイイ!

続きます。

旅行・遠征・オフ会2009.03.14(Sat)00:07コメント(0)トラックバック(0)編集Top↑
dot3 dot1
dot1 dot1

list演奏会形式ミュージカル レ・ミゼラブル

ザ・カレッジ・オペラハウスのミュージカル「レ・ミゼラブル」に行ってきました。
いとこが端役で出演すると聞いて、これを機にミュージカル童貞を散らそうかと思って。ちょうど、久しぶりにライブの無い週末だしね!
いや、何か予想を遙かに超える素晴らしさでした。


まず、普通の大学生であるいとこが出るってことで、学祭の延長みたいなものを想像してたんですが、会場に行って入口で配布してたパンフを見て予想以上に「ちゃんとしてる」のがわかりました。むしろこれで入場料1500円とかおかしくね?と思うくらいにw 今HPを見てみたら関係者のみの催しだったようで。


ミュージカルというと「とりあえず常に歌ってる。母さん呼ぶのも歌で呼ぶ。」というイメージでして、常にどこかしら滑稽だと思ってたんですよね、すげぇ失礼な話ですがw 今は全力で土下座してそのイメージを撤回したいですw

実際、台詞もほとんどが歌でしたが、歌で演技をし表現をするというのがもの凄い。しかももちろんマイクは通さないで、圧倒的な声量とビブラートがとにかく凄すぎる。特にジャン・ヴァルジャン役の人やマリウス役の人は学生ではないベテランっぽくて上手すぎ・凄すぎ。それ以外言葉出ないよね、普段聴く曲は9割以上が女性ボーカルですが、声楽に関しては男声の方が魅力的だなぁと思えるくらい俺に激震走る――!
特に井原さんは凄かった……「バリトンの声なんか低すぎて聞き取りにくいだろ」みたいなイメージが光の速さでぶっ飛んでいった。なんだあの声量……しかも見た目渋いオジサマで、正直キュンキュンが止まらなかったぜw


「レ・ミゼラブル」というと岩波文庫で何巻も並んでる、めちゃくちゃ長い作品というイメージでしたが、「ナレーション→本編(ほぼ歌)→閉幕→ナレーション…」という流れで話が進んでいきました。それが普通なのかも知れませんが何もかもが初体験だったのでw


普段はエロゲやアニメ、ラノベという形の物語に触れてる俺にミュージカルの何が衝撃的だったか……それは、オーケストラの演奏でした。おそらくセットの後ろで演奏してるのでこちらからは見えないんですが、「ピアノとバイオリンの音色が好き」な俺からしたら、常に鳥肌モノのBGMが流れてるわけですよ。これがホント凄いと感じました。エロゲやアニメのBGMが常にフルオーケストラで演奏されるようなもんですよ、そう想像すると凄いっしょ?w その演奏が美しすぎて、物語も相まって、自然と涙がこぼれたりも。


あと、役の一人一人の動きに至るまですげぇ細かいしな。大体のシーンで、キャストの数名に加えて、いとこを含むアンサンブルの皆様三十数名が全員出てるんですが、セリフ喋ってる人以外の一人一人の動きもちゃんと「演技」してるんだよなぁ。それが当たり前、なんて思えなかった。「全員の動きの一つ一つまで台本に書いてあんの?」とか思うくらい細かいし自然だった。ドラマや映画のエキストラとは違うよなぁやっぱ。一人一人が観られる可能性を意識してるといいますか。


「レ・ミゼラブル」の内容自体も良かった。特に第一幕が俺は好きだな、宿屋で皆がわいわいやってる感じを歌ってるところなんか「いかにもミュージカル」って感じで、楽しそうな様が伝わってきたし。
恋に落ちるところは前述の音楽と相まって超感動、この出会いに歓喜するコゼットにバリバリ感情移入してました。

逆に第二幕は基本的に鬱展開だったのが、「第一幕の方が良い」と思った要因だろうか。楽しい時に歌うのはわかるけど、悲しいときも歌うのはちょっと不自然じゃないか?という思いがあったのと、死をドラマティックに描くのが日本人的感覚に合わないのかなぁとも。まあでもそういう文化の違いを感じられるのは良いよな。「死んで神の御許に召されるのだ!」みたいな感覚は我々には無くね?w


感想としては、すごくおもしろかった、それに尽きる。また機会があれば是非とも観に行きたいです。っていうか、普段のライブの感覚もあって、1500円はホントに安いって感じるw 観に行って良かったと心底思うし、あと「サンホラのライブ行けば良かった」ってずっと思ってるw 多分サンホラも似たような感じだと思ってるんですがどうなのか。チケットが取れなかったり日程が合わなかったりで結局行けませんでしたが、年明けすぐの公演は無理すれば行けたなぁと考えると、すげぇ勿体ないことしたとさっきから後悔しまくりですw


あとは、端役といっても出演者はほぼ出ずっぱりで歌いっぱなしで、立派に「表現する側」としてステージに立ってたいとこが凄いと思ったし嫉妬したw 俺もやりてぇ!!w
とりあえずピアノだな、それしかねぇ。

いや素晴らしい公演でした。

イベントレポ2009.03.15(Sun)00:17コメント(0)トラックバック(0)編集Top↑
dot3 dot1
dot1 dot1

listCLANNAD第22話とチャーハン

「CLANNAD After Story 第22話」

「ご都合主義……これはご都合主義……」と胸の中で唱えながらマジ泣きw
しかも、あれをご都合主義的に捉えられるなら、「あの時間」に戻って奇跡が起こって、ハッピーエンドでめでたしめでたし、という解釈になるんだろうけど全然そうは思えないわけで。
むしろ今回第22話の後半が幸せであればあるほど、今まで観てきた1話から22話の頭までの世界にとっては決して掴めない儚い夢のようだという感じが強調されて、…涙、涙。


いつも通り、ネガティブな方向に妄想しては泣くというどこか退廃的な楽しみ方ですが、
前半の「渚あああぁぁぁ!!」は迫真の演技で、これは素直に感動した。
中村さんグッジョブっす、あのシーンは本当に素晴らしい。



中華料理屋の炒飯って何であんなにパラパラしてるの?
ラーメン屋でチャーハン出してた俺に言わせれば、家庭でもそこそこパラパラに作れる。
足りない分は火力と道具の差、って感じか。具体的な作り方は>>98とほぼ同じで、

煙がうっすら立ち上る位まで空焼き

鍋の底に少し油たまりが出来るくらいの量の油投入、鍋肌全体になじませる

溶き卵、投入

ご飯、投入

お玉でカンカンご飯の塊を切るように混ぜるべし!

具材、投入

醤油など、味付け

補足すると、鍋肌全体になじませてなお底に少し溜まるくらいの油なので、一般的な感覚からすれば多めに感じると思う。健康に気を遣う人は……そもそもチャーハンなんか食わんかなw


ご飯は溶き卵を入れてすぐに入れること!
「ご飯一粒一粒を卵でコーティングする」というイメージで。
そして、家庭のコンロの火力では鍋振りは良くないというのは確かにテレビでやってたけど、
俺はやっぱ鍋振らんと上手く作れません。この卵をご飯全体に絡めるのも、
醤油とかをまんべんなく混ぜ合わせるのも鍋振ってこそ手早く上手くいく。


まあ鍋を振ろうが振るまいが、大事なのは「お玉でご飯のかたまりを切るように混ぜる」こと。
米粒をグチャッと潰してしまえば、パラパラにならないのは自明なんで、
一粒たりとも潰すまい!という気概でお玉を縦に入れましょう。
あんまりにも固まったご飯の場合、お玉の腹でグッと押し込んだりはしてたけど、
基本的に腹は封印で先端のみ使う感じで。しゃもじとかでも悪くはないと思うけど、
先端が薄くてご飯の固まりを切りやすいお玉の方が良いかと。
また、固い塊に苦戦する場合、そこに醤油をホントにちょっとかけるだけで、バラけさせるのが楽になります。


何より、回数をこなすのが大切という気もします、結局w
週2、3日のバイトで3ヶ月くらいしか作ってないけど、それでも常人が一生に作る回数以上に作ってただろうしw
上記のことに気を付けつつ、例えば3人前作るなら1人前を3回作って試行錯誤しながら練習するといいんじゃないかな。ご飯の量が少ない方が作りやすいし。俺は家で作るとき、つい欲張って小さい鍋に大量にご飯を入れて失敗するw
オタ系ネタ2009.03.16(Mon)15:18コメント(0)トラックバック(0)編集Top↑
dot3 dot1
dot1 dot1

list北海道旅行記9 ~~

コニ、引かれる。


キタアアァ!! GF団で見て激しく焦がれたこのシチュ!!
1時間以上爬虫類館で、ほとんどずっとコモドオオトカゲに張り付いてたら見られました。
エサの時間になったらしく雄の方に肉が与えられたんですが、どうやらその雄だけに食べさせたいらしく、エサの匂いを嗅ぎつけて食べに行こうとする雌のコニをこうして引っ張ってるみたいです。
写真がブレても気にしない! 心のフィルムに焼き付けたし、動画もあるんで。
キュート極まりないので是非。


ミズオオトカゲのドアップ!


撮られるのが嫌なのか、向こうにいってしまいました。


このあとも爬虫類館内をうろうろしてたら、微動だにしないはずのワニのゾーンに何やら動きが…
スタッフの人もやや慌てた様子で見に来て「今、何かありました?」とか聞いてくるほど。
どうやら求愛行動が始まったらしく、水中を活発に泳ぐワニという、非常に珍しいモノが見られました。そのスタッフの人にも、また色んな話が聞けたし。


オロ「この求愛行動って、よく見られるんですか?」
スタッフ「円山動物園は大体どの動物も、今の時期を繁殖期として調整してますから。ただ、このワニ5匹全員メスなんだよなぁ…


つ、つまりこのワニゾーンはマリみて的な、ストパニ的な、まりほり的な「タイが曲がっていてよ」的な百合空間!? 何という萌え要素……
ちなみにこのワニたち、噛みつこうとするときは凄く俊敏らしく、掃除に入るのも命がけだという気性の荒さらしいですw 全員祥子様みたいな感じか?w


この日は朝から比較的暖かくて気温2℃くらいあったんですが、爬虫類館にいる間にどんどん雪が降ってきて実に北国らしい雰囲気に。雪まみれになりながら動物を見るのも乙なもんだ。
ついでに北海道神宮にも軽く寄りつつ、大満足でその場を後にしてライブへ行きました。


Kanonごっこ跡


Kanonごっこ(命名俺)もしてきた。
祐一をはじめ、北国の主人公たちはともすればかっこつけて雪の上に寝転がる傾向にあるので、
俺もその気持ちを味わいたかったのですw ちゃんと厚手のコートなどを着てて、水が染みてこないことが前提ですが、確かにこれは気持ちイイ。最後に雪が降って、ふかふかの新雪が堪能できて良かったです。


SAKA NET
雪に書いた字、意外と綺麗に写る。



翌日は正午の便で帰って、また大阪でのライブに向かったので特筆すべき事もなく。
長い長い北海道旅行記は9で終了ということになりますな。いやー楽しかった!
また行きたい、何度でも行きたい。冬にもまた行きたいし夏にも行きたいわ。
今度はもっと北の方とか東の方の名所にも行きたいところ。


最後に……冬に北海道行くと帰ってきたとき寒さに強くなりますねw
1週間も行ってると、上に書いたように気温2℃で暖かいと感じるくらいなので、帰ってきて電車乗ったら「大して寒くもないのに暖房効かせすぎや!死ね!」とか思うほどだよww
寒いときこそ北国へ!

旅行・遠征・オフ会2009.03.16(Mon)17:26コメント(0)トラックバック(0)編集Top↑
dot3 dot1
dot1 dot1

list「♪卒業~」って歌い出されたら「しても変わらないよ」じゃね? atスマギャン

北海道旅行記ではずいぶんお世話になったブログ記事作成・管理ソフト xfy Blog Editorのご紹介。
これは便利ですよ! D&Dで画像がアップ出来るので! 動作が激重なんで普段の更新では使いたくないけど、写真一枚でも載せるならこれで書いた方が格段に楽ね。ブログやってる人は是非一度お試しあれ。



夕方のニュースでやってたんですが、

ネット発の人気卒業曲「桜ノ雨」、109校からオファーでリアル卒業式

これ見て、ホンマに中高生ってニコニコ動画が好きなんだなぁと思った。もちろん全員ではないだろうけど、卒業式なんて行事で歌うからには、学校の中心的な子も好きなんだろうし、それが全国に109校あるんだもんなぁ。ニコニコ動画は色々と便利なので割とよく使ってる方だと思うけど、コメントはほとんど消して見てるから全然そんな風に思ってなかったわ。

ちなみに全然関係ないけど、今俺が高校生に戻れるなら卒業式で「第二ボタンの誓い」を歌いたいw あーそういや明後日卒業式だわ。


それよりたまアリでイベントってのがパネェな。一般の人は別にパネェとか思わないんだろうなぁ。
ライブに対する感覚の違い……そういえば、一般の人にライブをするとほぼ必ず「そういう情報ってどこで得てんの?」って聞かれます。言われてみればテレビでライブ情報とか流してるの見ないし、流したとしても録画してなきゃその場でメモしたりするのは難しいかな。
で、「ネット」って答えてもイマイチ納得した顔をしない。「それかファンクラブ」というと納得する。


IT革命から早幾年…とはいえやっぱ、一般的には「巡回」という概念が無いんでしょうなぁ。
「検索サイトがあるから『お気に入り』の機能はいらない」みたいな記事も前に見たことあるし。


多分、普段聴いてる曲をライブで聴いてみたい、っていう想いは結構みんな潜在的に持ってるんじゃないかと思います。で、「ファンクラブ」と答えられて「ファンクラブに入るほど熱心なファンでも無いし、無理だわ」とか諦めるんじゃなかろうかw

なので今後は、「好きなアーティストのホームページをお気に入りに登録しておいて、定期的にチェックすると良いよ」と懇切丁寧に説明しようと思いました。ハイハイチラシの裏w

一般のアーティストももっとライブ情報流していけば動員数増えるんじゃね? …と思ったけど、既にこれ以上増やす必要が無いんだろうなぁと思い立ったw 大晦日に札幌ドームでカウントダウンやってチケット争奪戦になるんだぜ? パネェっす。

チラシの裏2009.03.17(Tue)21:43コメント(0)トラックバック(0)編集Top↑
dot3 dot1
dot1 dot1

list卒業式でした~

11時で式が終わって、卒業証書貰えるのが13時半からってのが不満きわまりない。14時からの謝恩会に出席するようなリア充ならそのタイムスケジュールで良くても、これから18切符で東京に向かう俺には大迷惑なんですがw ダッシュで帰って着替えて、終電ギリギリに東京に着くことになりそうです。せめて13時ならば……特急車両乗りたかったのに…!


卒業式自体は、我が低大の低脳さを最後まで見せ付けてくれた感じでしたw 式の開始から1時間、ざわめきがやむことが一切無くてびっくりしたわ。式が進行してる中普通に喋ってたしな、恥ずかしいですね! こんな式は初めてだ…と思ったけど皆さんは既に成人式で経験してるんですかね?出席してない俺には知る由もなく。
高校までなら「静かにしなさい!」って先生が言ってくれるところ、なるほど確かに大学の卒業生にはそんな風に言えないもんな。先生方も内心「アチャー」と思いつつ口をつぐんでいたんでしょうw


さて、何だかんだとしている内にもうすぐ証書授与。一つ教室に集められ渡すみたいですが、まさに「御託はいいから証書よこせ」って感じw
携帯更新2009.03.19(Thu)13:13コメント(0)トラックバック(0)編集Top↑
dot3 dot1
dot1 dot1

list御託、無し。

…と思ったら先に証書もらえた!
「先に渡してもいいよね」
「いいよいいよ!」
と軽いノリで許される。式で挨拶する学部長涙目w

そして学校からの最後の帰り道を疾走して電車に→汗だく。情緒も何もあったもんじゃないけど、俺らしい最終日でしたw
携帯更新2009.03.19(Thu)13:46コメント(0)トラックバック(0)編集Top↑
dot3 dot1
dot1 dot1

list東京国際アニメフェア1日目

いやー楽しいね。今日はavex LIVEだけしか目当てが無かったけど、なんだかんだで7時間くらい、退屈せずにいられたしなぁ。


ライブは、まず期待通りきただにさんの「ウィーアー!」が聞けて一緒に歌えたし、さくにゃんでは「もっっと!」で窮屈にロマンスを打つw 5列目の中央辺りに行けて良かったんですが、前後左右マグロ。ABCDマグロ包囲網。跳びにくかったし通路側取っときゃよかったか。
「どうせ跳んだり跳ねたりしない大人しいライブなんだろ?」とナメてたのが悪かった。実際は開演前の注意が「ヲタ芸は周りに迷惑がかからないように」でしたからw
モモーイが出るんだもんなw


これも予想通りの「Romantic Summer」も、モモーイのパートでシークレットゲストのmotsuさん(m.o.v.e)が登場して「Gamble Rumble」ってのも嬉しかった。
あとmisonoさんは一般の方だそうで全然知りませんでしたが、へそ出しどころか「腹出し」とでも呼ぶべき大胆衣装で腰フェチの俺、撃沈。写真と違って黒髪だったのも良かったわぁ。歌もさすがに上手くて、ミドルテンポで爽やかな感じの曲なのに、シャウトと言っても過言では無いようなパンチの効いた歌い方で超気に入りました。カラオケで歌いたくなるような。

そんな感じで、全体的に楽しかったけど、ノーマークだっただけにmisonoさんが非常に気になってます。一般人だらけのライブに行って周りをドン引きさせるのも一興だろうかw



その他の時間は声優さんのトークショーなどに、主に時間を費やしてました。整理券持ってなくても、なんとなーく見られるのね。ステージイベントとか、人気の所はそうもいかないけど。


ライブ前にはPhantomのトークショーで不足してたジョイ分を補給。さすがにイベント慣れしてらっしゃって、ジョイさんが皆を引っ張っていってたのがすごい。きみらじでは基本「できん子」って立ち位置だったもんなw
後にニトロブースでジョイさんに声掛けたら「久しぶり!」と言われてびっくりした。イベントでよく見かけるけど話し掛けるのはかなり珍しいんだが…「リスナーの名前は覚えられないけど顔は覚えてる」ってのに偽り無し!
写真も一緒に撮ってもらって超嬉しかったッス。

文化放送のブースを覗いたらゴトゥーザ様のラジオが始まったので40分聴いてたり、あとガンダム30周年ムービーも見に行ったな。歴代作品のOPを流して終わりという素っ気なさにさすがのガノタたちも苦笑w まあ懐かしかったから、良い。


JOYSOUNDでサービスが既に始まってるという「アフレコ!」体験もしてきました。二人一組でアニメの映像に合わせて二言三言セリフを喋るんですが、俺のような独り者にはスタッフの方が優しく棒読みで付き合ってくれますw
体験できる4つのアニメの内1つも知らなかったので、1番テンション高い奴をお願いしたら「トップをねらえ」というアニメでどちらも女性役という罠w
この日一番印象に残ることを目標に、
「スーパー!」
「イナズマ!」
「「キーック!!」」
と死ぬ気で叫んで皆をドン引きさせてきましたw うるさすぎて音割れまくってたしなw


気持ち良く(俺だけ)叫んだ後はコンパニオンのレイヤーさん2、3人と一緒に写真撮ったり。昔のコミケを思い出してちょっとまたテンションが上がりましたw 一人だと撮影係探さないといけないのがツライ。



気が済んで、今度は奈々ちゃん行きつけのカレー屋に! いつも通り迷った末にたどり着いたら!店閉まってた!

…ここでめげない俺は予定変更して、「日本で一番いたずら黒うさぎに協力的な店」焼肉の三星に行ってきました。一人で焼肉というゴローちゃん的行為も初めてなら、食べ放題ではない若干高めの焼肉も非常に珍しい。良い肉を炭火で焼いて食う…超美味かったわ。ひたすら肉と大盛ライスを口に運ぶ人間火力発電所でした。
帰り際に「いたずら黒うさぎって番組を聴いて来たんですが」と言うと、ゆかりんのサイン+写真を指して「どうぞ撮ってください!」とw 優しい……やはり国民がライブついでに来たりしてるらしく、「この前ライブあったんですよね?幕張で。」とそこまで知っておられましたw


行って良かった。21日はゆかりんに会いにゆきます…!
イベントレポ2009.03.21(Sat)07:54コメント(0)トラックバック(0)編集Top↑
dot3 dot1
dot1 dot1

listTAF2日目

20090321224328
ゆかりん&三嶋Pのトークショーのためだけの2日目。整理券は瞬殺でしたが、貝のようにじつと待つことで無事イベントは見れました。…それならその分も整理券用意してくれてりゃ良かったのに…
他の人ならいざ知らず、ゆかりんのイベントでは「ブース前に陣取ってりゃ見れるかも!」という期待を持たせるのは僅かでも命取りと判断したようで、スタッフが暗幕を張って完璧に見えなくしてましたw それはまあ、賢明だと思うw


ゆかりんは白と水色を基調とした春らしい出で立ちで登場。可愛い…間近で、しかもほぼ全身を見られるような位置だったので、早くも「来て良かった…」としみじみモードw

縞スパッツ的な何かをスカートの下に履いてたのもまたキュートでな……ゆかりん曰く、

「パンツじゃないから恥ずかしくないもん!」

他社wwww本当によくご存知ですねwwww



キングレコードの三嶋Pとゆかりんが何故アニプレックスブースでイベントをやることになったのか、裏事情が好きな我々オタクたちに説明してくれます。…最初の話題がそれって…w

全然本質とは違いますが、
「なのはのテーマは一貫して『友達』。だからアニプレックスさんの門を叩いて開口一番『友達に、なろう』とw」

これが公式見解w 「それ以外のことは憶測で書くな!」とまでw
「しっかりしてるようでどこか残念な」フェイト役の奈々ちゃんをゆかりんが物真似で表現してたのが面白かったw スマギャンにゲストで出た時とか、確かにそんな感じでしたw


なんでも映画制作は「いっぱい万円」どころか「そこそこ億円」かかるそうな。それを聞いたゆかりんが「だからアニプレックスさんなんだ!キングじゃ億円出せないから!」
「出せるわ!厳しいけど!」
…いつもながら生々しい金の話がw


変身シーンも新しく作ってるという話では、
「また裸になるの?」
とサービス発言、というかNG発言w


劇場版は奈々ちゃんやますみん、ムチを持ったお母さんのセリフがグンと増えてて、その分なのはのセリフは比較的減った模様。サウンドステージであった、フェイトの過去話も含めるんですね。あれは幼アルフが可愛すぎた…


あと、ムービーでは「2009年公開予定」でしたが、企業的には来年3月までが2009年度、ということで今日から「2009年度公開予定」になりましたw まあ実際のところまだ決まってないらしいです。

他社のブースだけに時間が厳格に決まってたらしく、実質20分ほどで終了。楽しかった!いつも通りのゆかりんにちょっぴりよそ行きムードを加えた面白さ。三嶋Pもさすがに自社作品のプロモーションとなると、喋りが上手いな。これは素直に感心。アドリブが要求されないような場面では強い!w

終始ニコニコと笑顔の絶えない20分でありました。たまにはこうしてゆかりんとの物理的な距離が短いイベントがあるといいね。ライブで豆粒のような大きさのゆかりんばっか見てるからw



写真は、既に発表されてたも同然だけど嬉しいお知らせ!
御坂の皆さんが好きな俺としては本編以上に期待してます、ってオロチはオロチは自分の嫁を宣言してみたり。
あとアニメの黒子の声はヤミツキになるのでこちらも期待ですの。


本日の晩飯は「俺のハンバーグ山本」! ずっと前に小部屋で矢野さんが美味いと言っていたので!スパイスの効いたハンバーグに存在感ありまくりなチーズと、様々なキノコたち!たまんねぇ~!
ご飯のお代わりを大盛りで頼んだら、マンガ盛りで出てきてちょっと笑ったわw
イベントレポ2009.03.21(Sat)22:43コメント(0)トラックバック(0)編集Top↑
dot3 dot1
dot1 dot1

listライブ終了!

今日は追加公演なのでスペシャル!
アコースティックのメドレーがあり、あんな曲やこんな曲も歌われて、公演時間は気付けば3時間半!
まさかこれほどとは…追加公演ってすごい!w 4割り増しの楽しさ・満足度でした!


しかも嬉しいお知らせもあり、6月にシングル発売! そして、8月1・2日に野音2DAYS!! 超嬉しいですね!

シングルは今最新の「Paradice Lost」が割と新しい感じだし、更にもっと新しい曲を…と期待してます!


そして、野音だって!?しかも2DAYS!? まだそんなに曲数が無い状態でそんな…つまり珍しい曲フラグと思うとメガ楽しみ。
携帯更新2009.03.22(Sun)23:55コメント(0)トラックバック(0)編集Top↑
dot3 dot1
dot1 dot1

listMinori Chihara Live Tour 2009 ~Parade~ 追加公演

Prism in the name of hope
FUTURE STAR
蒼い孤島
too late? not late...
ふたりのリフレクション
Fairy Tune
Cynthia
雨上がりの花よ咲け
詩人の旅

(アコースティックメドレー)
Sand Glass~記憶の粒子
Last Arden
Peace of mind ~人魚のささやき



その時僕は髪飾りを買う
勇気の鼓動
Melty tale storage
Lush march!!
Voyager train
輪舞-revolution
君がくれたあの日
Paradise Lost
透明パークにて

(アンコール)
everlasting...
純白サンクチュアリィ
Say you?
花束

(ダブルアンコール)
Lush march!!合唱


赤:追加公演限定曲

(in パシフィコ横浜)



おおお!! 本公演と比べてなんとも大盤振る舞いな6曲+α追加!! 「…あれ? Cynthiaって前回無かったような…キター!」という7曲目から怒濤のサービスサービスゥ! こんなに増えたらもはや別のライブだな!
「Melty tale storage」からのシングル3枚のカップリングはホンマ空気すぎるw
このセットリストにその分の3曲増やしてやっても罰は当たらんと思うで。

とか何とか書いてた本公演レポ時の俺の浅はかさを粛正!
特にアンコールで満を持して歌われた「Say you?」で、「このための布石だったのかああぁーっ!!」と心の中で絶叫w ラジオのEDだから皆の耳にも残ってるだろうし、サビの「幸せには 力がある」という、もの凄いストレートにライブ中の“今の自分”を表現してくれるようなフレーズに自然と涙がポロリ。素晴らしく素敵だった…


それからアコースティックな! アコースティックがあるというだけで俺狂喜だったんですが、空気と評した「SandGlass~記憶の粒子」に始まり、1コーラスで終わってそのまま「Last Arden」のイントロに入ってゾクゾク来たァ! シングル「君がくれたあの日」からファンになったから、そのカップリングのこの曲も…いや定番曲じゃない分この曲の方が余計に、あの頃を思い出す想い出の曲になってるんだろうなぁ。去年のツアーでもキッチリ歌われてるのにこの待ってました感と来たら!


…こうカップリング曲が続くってことは次はひょっとして…!? という期待通りの「Peace of mind ~人魚のささやき」!! やっぱこれ超良いな……長らくラジオのEDだったし、今後も末永く歌い続けて欲しいな。
このアコースティックコーナーは特にDVDが楽しみッス。



「こんな広い箱でもバイオリン一人なんだろうか」
開演前に思ってたけど四人でした! ここでも追加公演スペシャル!
本公演レポでも書いた「Melty tale storage」を始め、みのりんの曲はバイオリンが一つの主役だなぁと改めて感じさせられました。大体どの曲でもバイオリンの音が超目立ってる所がある。にわかバイオリン好きとしてはその点でも至福…! パシフィコお得意の前列撤去で、実質15列のやや上手側と意外と良い席で、弾いてる姿もバッチリ見られたし! みのりんとどっち見ようか迷う迷うw


アコースティックでは歌詞が飛んで、演奏止めてやり直すシーンがw fantastic arrowを思い出すねぇw
やり直して完璧なモノを見せてくれるなら全然OKね。流石にDVDではカットだろうか、1回目で間違えた所付近で「今度は間違えずに…!」という会場中全員の思いが一つになった、あの独特の緊張感はライブに行った俺たちだけのものw


「花束」の前か、スタッフの皆さんやバンドメンバーやあと俺らに「ありがとう」ってMCは。
正直に言うと、俺はライブ中にそういう改まったことを言われるのは少し苦手。盛り上がった気持ちが一度止められてしまうから。
ただ、ここがみのりんの良いところでもあるんだよな。周りは気にせずマイペースに、自分の思いを自分の言葉で伝える。まさに俺が惚れ込んだみのりんの良いところが、一番わかりやすく出てる場面だった。そう考えると、それまでの苦手意識が溶けて消えて、素直にみのりんの言葉を聞けた気がする。


・アンコールは人生最悪のダメさ。2週間ブランクが空くだけでこのザマだよ!
・言いたいだけの野次が目立ったのは残念。


今回もみのりんの迷言ありました!

「北海道も行ったしね~! 雪がすごい綺麗で~、おいしいの~!

普通にツアーの思い出語ってて我々もまったり聞いてたんですが、この瞬間「ざわ……ざわ……」ってなったのが超おもしろかったw いやぁ、俺も北海道の雪を目の当たりにしてついはしゃいでしまうという経験をしてきたところですが、さすがにそこまで童心には返れなかったわw
みのりんならかき氷シロップ持って北海道を歩いてても違和感なさそうで怖いw


本公演より1時間プラスの3時間半! 最高に楽しかった!
歌が、音が、すげぇ迫力でした。夏の野音も超期待!

イベントレポ2009.03.24(Tue)00:45コメント(0)トラックバック(0)編集Top↑
dot3 dot1
dot1 dot1

listラジオ新番組プレイボール

君のぞらじお 2つの新番組がスタート!

■番組名:君のぞらじお eternity
■パーソナリティ : 栗林みな実さん、水橋かおりさん、谷山紀章さん
■配信日 : 4月3日から隔週金曜日配信


■番組名:マブラヴラジオ アンリミテッド
■パーソナリティ : 栗林みな実さん、本井えみさん
■配信日 : 4月10日から隔週金曜日配信

キタヨー!! 各週番組のそれぞれにみな実ちゃん! そしてなんと言ってもきーやん!
DOAが終わってから、きーやんの声を聞く機会もかなり減ったからなぁ。
水橋さんも入ってこの3人というのはまた新鮮な。
このメンツならやはりきーやんボケか、いやー楽しみです。



民安ともえ、文化放送デジタルラジオさんでラジオ始めます!! なんと相方パーソナリティはmilktubのbambooさんだ!!!

民「・・・本当に放送できる内容になるのかなと思って」

まさにその一点が一番の楽しみであり不安でもあるw
文化放送の放送コードギリギリに挑戦って、ホントに大丈夫なの? オトチンみたいにバキューンだらけになるのでは…w 
…これは期待せざるをえない。『日常にある「ワタシ的エッチに聞こえてしまうモノ」「エッチに感じるモノ」をメールで募集するコーナー』とかw



ツアー最終公演では驚きの発表も! 『田村ゆかりLOVE ? LIVE 2009 *Dreamy Maple Crown*』幕張メッセレポート
「シンガロング」だの「スウィンギン」だの、聞いたことのないような表現がいっぱいだなぁとw こんな言葉達が使えるようになれば、ライブレポも少しは厚みが出るんだろうな。



ハルヒ「あなたが転校生の花中島マサル君ね!」
未だにマサルさんは心に深く刻みつけられたまま色褪せないな。文字で見ただけで笑いが。


マスコミが圧殺した『アジア』の声



イチローになら掘られてもいい。
そして7回までの岩隈に惚れた。野球を最初から最後まで観るなんてほとんど無いんですが、プロってのはあんなにすげぇコントロールなんスか? 執拗に低いトコ低いトコ狙って、そこにボールが吸い込まれていく…それを全力投球でやってんだからすげぇよなぁ。

オタ系ネタ2009.03.24(Tue)21:41コメント(0)トラックバック(0)編集Top↑
dot3 dot1
dot1 dot1

listオロチは風邪の子

やっと……やっと風邪が治ったようです。
ゆかりんのツアー福岡公演の前からだったのでおよそ1ヶ月半。今までそんなに長引いたことが無かったので、ビビって検査までしてもらいました。その翌日である今日「治った」と感じてるので何とも間の悪い…w


やっぱり毎週の遠征で、毎週ぶり返してたんだろうか。
ヤマは最初の福岡と翌週の大阪くらいで、あとは治ったかな~と思ってライブに行って、帰ってきたらまだ具合が悪い、という繰り返し。人生最後の春休みはほとんどを風邪っ引きで過ごしましたw まあ、それでいて毎週ライブに加えて北海道旅行とかまで行ってんだから、充実した春休みだったかと。



先週、フレッシュマンらしい短髪にするべく美容院に行ってきたんですが、3年か4年くらい担当してもらってたイケメンの兄ちゃんが、どういう心境の変化かタメ口で話しかけてきて一気に萎えたw
…いや、毎回軽く雑談もしつつ、俺にしてはだいぶ打ち解けたつもりだったんですが、やっぱ店の人にタメ口で話されるのって体が受け付けないわ。
大阪の方で、新しい美容院を開拓せねば。その際は最初の内にさり気なく「タメ口、NO!」みたいな防衛線を引いておかないとなw



黒歴史書きあって皆で「うわあああああ」ってなるスレ
黒歴史って、普段は思い出せなくね? 無意識の領域に押し込められてるからw
この前読んでた本に出てきた「グラビトン」という単語を見て思いだしたんだが、オリジナルの必殺技とか作ってたな。その一つが「グラビティ・ボマー」。「グラビティ」はわかるけど「ボマー」ってなんだよ。「ボム」だろうがよ。…ああ恥ずかしい……

チラシの裏2009.03.27(Fri)00:41コメント(0)トラックバック(0)編集Top↑
dot3 dot1
dot1 dot1

listチケットが入ってる引き出し

…ウソです、治ってませんでした。闘病生活は続く…


先日のみのりん追加公演が終わって、ひっさしぶりに引き出しにチケットが1枚も無くなった。
常に先のライブのチケットがストックされてるから、珍しいなあと思うのも束の間、
アニサマの超先行予約チケットとアイマスライブのチケットを発券してきたのでまたストックが2に。
アニサマは1日目落選したんだよなぁ……また携帯サイトでの先行予約があるみたいなので、
チケットが取れないことはない…と思うんだが。
なんか、毎年アニサマの先行予約のためにアニメロに登録して、その時ついでにDLした着うたを1年使い続けてる…気がするw 着うたのために月額300円とか払うのは勿体ないと感じてしまう貧乏性な僕。
チラシの裏2009.03.27(Fri)23:11コメント(0)トラックバック(0)編集Top↑
dot3 dot1
dot1 dot1

listこの冬~春くらいに読んだ本の感想をいくつか書いてみる。


「人類が知っていることすべての短い歴史」

これ読んでワクワクしない奴とか居んの?
にも書いたけど、宇宙のこと・地球のことを現時点の我々がどこまで知っているのか、そして何を知らないのかを読みやすい文章で語ってくれます。数式が出てくる教科書みたいな形式じゃなく、縦書きの読み物として。なので三流大学バリバリ文系の俺でも労せず…むしろ「続きを!早く続きを!」と貪るように読めました。
自分が今生きてる世界についての読み物、おもしろくないはずがない! 騙されたと思って読んでみてちょ。




「エレガントな宇宙―超ひも理論がすべてを解明する」

超ひも理論の前段階としての、相対性理論や量子力学の世界がおもしろすぎる。
時空が歪むってそんなアホな……みたいな一般的な感覚をぶち壊す話も、
↑の本と同じく例え話を多用してかなり平易に書かれてるのでわかりやすく、
その賞を読み終わる頃には「ああ、なるほど」と何となく納得出来てる。
この部分だけでも読む価値がある……というかひも理論の話が進むにつれて、段々難しくなってきてわかんねーのよw 
とはいえひも理論の話も興味深く、この世が実は11次元かもみたいな好奇心くすぐりまくりなトピックもあって退屈しません。
特に、これまでこういう話に触れてこなかった文系の人にオススメしたい一冊。




「ロウきゅーぶ!」

ロリコンでスポ根!
旅のお供の文庫本が欲しくて表紙買い、銀賞買いした1冊ですが魅力は小学生だけにあらず!
いやー俺スポーツものにはホント弱いのよ、皆で一丸となって勝利を目指すってのが感動的ですぐ泣いてしまう。この本でもご多分に漏れず目尻を濡らし、それでいてロリコン魂もくすぐる…と。…なんだ、俺のための本か?w




「ソウルイーター」

店で見かけた、ヒロインの女の子が青筋立ててブチギレてる絵に惹かれてw
かわいい絵柄でありながらあの表情…何か自分でもよくわからないツボが刺激されました。
キャラ(特に死神様)とか背景とかがどこか童話チックな雰囲気で、世界観はよくわからないまま、ガチバトルもあり、すげぇ好きだなー。主要キャラ達がまだ子どもだからか、ラブ要素がほとんど無いのも、逆に無垢な感じが強調されて萌ゆる。具体的に言えばマカは俺の娘。




「のだめカンタービレ」

話題の作品どんなもんかと読んでみたけど、なるほどこれはおもしろい。
ギャグ…と言ってもゲラゲラ笑うような感じじゃないけど、音楽の世界を覗き込む新鮮さも相まって、おもしろいな。
ただ、この作品のおもしろさを俺はまだ半分も味わえてない!
作中に出てくるクラシック音楽の数々……これを聴きながら読まないと絶対ダメだよな!
そういうコンセプトのCDもある? あるよな? それ買って聴いて初めて良さを知る、と思う。

ネタ・長話2009.03.29(Sun)00:22コメント(0)トラックバック(0)編集Top↑
dot3 dot1
dot1 dot1

listギャラクシーBANG BANG

『アニメロミックス presents 田村ゆかり LOVE?LIVE 2009 *Dreamy Maple Crown*』LIVEレポート
MCの内容を中心に書いてるので(俺にとって)一見の価値アリなレポ。
「あ~、あったあった!」と懐かしい気分になれるな。焼き土下座とかw ゆかりんは本当にカイジが好きだなw



やる夫観察日記 やる夫がグアムに実銃射撃に行くようです 2
まさに、調子に乗って最初から357マグナムあたりを選んでビビリ入った俺参上w
人殺しの道具を持ってる重圧で手足ガクガク、脂汗ブワッ。チキンハートを露呈する結果となりましたw
それほど銃に興味がないヒトタチは軽めの奴を撃って「おもしろい!」と気に入ったようなので、ホントに最初は22口径とかから始めるのが良さそうですよ。


懲りずにまた、今度は屋外射撃場に行ってみたいなぁ。グアムなら近いし安いし。
アメリカンサイズのマクドにもまた行きたいw
パスポート作るところから始めないとな。



・なんか最近髪の色素が薄くなってる。ワカメとか食べた方がいいんだろうか。

・なんか最近ちょっと体重増えた。今まで増えたことがほとんど無いのでコワイ。

オタ系ネタ2009.03.30(Mon)09:43コメント(0)トラックバック(0)編集Top↑
dot3 dot1
dot1 dot1

listラスト・はるやすみ

「毎日が日曜日~春~」も今日で終わり、明日から社会にドライブ・イグニッション。
チキンハートの俺にしては珍しく、環境が著しく変わろうというのにあんまりオロオロしてなかったりする。そんなことより今日応募したアニソンのど自慢の当落の方がよっぽど胸を高鳴らせるわw
高校までの同級生達が先に社会に出てるから、割と早い内から覚悟完了な感じ。
にしても全然実感は無くて、自分が明日からスーツ着てサラリーマンとか笑っちまうなw 多分みんな同じなんだろうな、自分自身何かが変わるわけでもないし。ある日ふと気付けばそんな自分に慣れていて、その時「変わったなぁ…」なんてしみじみ思うんでしょうか。
今日は日記っぽいな、すごく。



最後なんで、平日昼間にヒトカラ行ってきた。
喉が治りきってなくてエライことに。「そんな無理してカラオケ来んなよ」みたいな歌声になってしまったw あと、春休みの間に「スマガ」クリアできて良かった~、と思ったらまだ全体の半分にも満たない進行度だと気付いて愕然としたりw 超速スキップはこのゲームには必須機能やで……

チラシの裏2009.03.31(Tue)23:34コメント(0)トラックバック(0)編集Top↑
dot3 dot1