FC2ブログ
-->
» HOME  » RSS  » ADMIN

プロフィール

Author:オロチ
40過ぎても新しいことにチャレンジできるんだ!

ブログ内検索

twitter

月別アーカイブ

ブログ全記事表示

dot1 dot1

listよにんでSUPER TEUCHI MIX!! IN OSAKA 第1部

S☆Sの曲が1曲でもあればラッキー、くらいの軽い気持ちで参加したら、大変なことになった! えらいこっちゃ! 榎本温子さんの「みんな聞きたい曲……かな?」というMCから「謎の行方」!! うおおおおおー!!舞-ー!!
この優しげなメロディ! もう俺のスマイルっぷりが、表情筋がヤバイ!
最後には舞の声でセリフも言ってくれちゃったりなんかしちゃったりして! 大サービス!


早くも満足していたら、五條真由美さんの「笑うが勝ち!」でGO!でしょう!?
いやホント、五條さんとか持ち歌も多いから、まさかコレが聴けるなんて全然思ってなかったんです! DVD-BOX発売からの半月で少なくとも30回以上は聴いたEDテーマ! 最初の間奏で「HEY!×6 GO!×3」叫んだところで俺の心のビートはもう止められないわ! めちゃくちゃ盛り上がるじゃないですか!
2番以降はまだ合いの手が曖昧だったけど、次回までにはカンペキにしときますんで!ヨロシク!


そこから続けて「まかせて★スプラッシュ☆スター★」なんという素晴らしいセットリスト! ここが一番盛り上がったでしょう! アニメ観る前からこの曲にはハマってたんですわ! ハッチャケぶっちゃけノーノープロブレムですわ! ライブは初めてでも振りコピはキッチリやりますよー!

プリキュア好きになったら、もう「ふたりはプリキュア!スプラッシュスター!」って叫べるだけで超嬉しいからね! 何より「う~~~~ハイ!」が楽しすぎる!
ジャンプするライブは数多く参加してるけど、その前にあれだけしゃがみ込んでの溜めがある曲は初めてだw 皆が↓タメ↑Pコマンドやってる、新鮮な光景でしたw


樹元オリエさんと榎本さんの二人でトークのパート、咲の声は樹元さんの地声に結構近いんだな……咲舞が喋ってるような気がして、それだけでハッピーになれた!
そして、これは二人のあの曲が聴けるのでは……と内心超期待してたら、声を揃えて「「バイセコー」」! ッッッシャア!!! お手本のような美しいガッツポーズを繰り出したぜ!w
二人仲良しのこの曲、めっちゃ気に入ってるんですよ! 今聴いてても、身体が自然に左右に振れる……あの楽しそうな雰囲気がたまらなかった!


あとプリキュア関連では「DANZEN!ふたりはプリキュア Ver.Max Heart」と、ラストの4人で「まかせて★スプラッシュ☆スター★」な!
合いの手的に、初代よりこっちの方がよりライブ向きだな!「プリキュア!」「マックスハート!」って叫びまくれるのがサイコーだった!
4人でのまかせて★スプラッシュ☆スター★は咲舞の「プリッキュア~!」が聴けるし、自分が叫んでかき消すのが勿体なく思える!でも叫ぶけどな!



で、プリキュア曲だけでなく、初めて聴いたオリジナルの曲達も非常に気に入りました!
ホント、開演前のBGMで流れてたのを1回聴いただけで、本番ではすっかり身体に染み付いてスッと入っていけるようなキャッチーな曲で! 俺好みすぎます!
ライブから一夜明けただけの今、歌詞カード見ながら「Friend×Friend」が歌えるもんなあ。2曲目の「Girl's power,forever」まで聴いて「このライブ……いけるっ!」と確信しましたねw


でも、このCDを買うことを決めさせたのは「Sing for Future」
かわいらしい曲が多い中、サビの五條さんの「心のままに描いて」の部分が超絶格好良すぎてノックアウト! これだけ歌が上手い人たちのデュエットは聴き応えがありすぎて怖い!
ライブ後に早速CDを買って、所持金が44円になって握手募金に参加出来なかったのは情けなすぎるw

トークも超楽しかったです。知識ゼロの状態から、4人の関係性がちゃんとわかるところまで来れた感じがする。とりあえずうちやえさんがハイパー天然キャラというのはよ~くわかったw うちやえさんが喋るとシン……とするシーンが何度かありましたが、それも含めておもしろかったなあ。シンとしてる中、俺は内心超笑ってましたよ!


ライブオタ的には、古くからのファンが多い、と言うかほとんどなんだろうなあという印象で、俺にとっちゃすごく心地良い。全体的にそういう雰囲気だし、細かいことを言えばPPPH前に警報が無かったり、BメロラストまでPPPH続けたり、「あっちゃーん!」みたいなコールとか、「あ、懐かしいな」と感じる応援でした。名状しがたい親近感が沸いてくる……!w



S☆SのDVD-BOXを発売日に買って一気に見て、例によってハマってボーカル曲を聴きまくってる。
そんな今このライブ!
くどまゆライブの時にも同じことを思ったけど、俺にとってタイムリー過ぎる! 俺のためにどうもありがとう!という気持ちですよ!w 次はいつですか!? 東京公演だろうが、札幌公演だろうが行きますからね!w

セットリストはプリキュアな日常など。さんを参考にさせていただきました。助かります!

スポンサーサイト



イベントレポ2012.10.08(Mon)11:00コメント(0)トラックバック(0)編集Top↑
dot3 dot1
dot1 dot1

list【ネタバレ】映画スマイルプリキュア!絵本の中はみんなチグハグ!~素直な言葉~

ニコちゃんが過ごしてきた終わりのない物語、想像を絶する辛い状況だったんじゃないかと。
魔王が現れて動物たちはケンカばかり、その状態でお話が止まってしまってるから、
ずっと殺伐とした雰囲気の中で過ごさざるをえない。


桃太郎とか、他の絵本の世界とはリンクしてたんだろうけど、どういうわけか西遊記の金角銀角に追い回されてたし、少なくとも「絵本の主人公になってウルトラハッピー!」とはいかない状況だったんだろう。そうでなくても「自分の世界に戻ったら終わりのない物語」では十分に地獄。


そんな状況で、みゆきの「続きを描いてあげる!」に一縷の望みを託してずっと待ってたんだとしたら、そして当のみゆきがそれを覚えてもいなかったら……憎しみが募って「大っ嫌い!」も無理からぬことだよなあ。一回目観たときは「可愛い顔して腹黒キャラ!萌える!」くらいしか思ってなかったけど、2回目はニコちゃんの感情に納得して観られた。



当然、子供の頃読んだ絵本の続きを描かなかったからって、責められる謂われはみゆきにはまったく無い、常識的に。でも自分の行いが知らずニコちゃんを傷つけてたと知って、真っ直ぐに「ごめんなさい」と謝る姿に、これは1回目から無茶苦茶感動した。現実世界ではただ素直に謝ることすら出来ない人が沢山いるのに、みゆきは「大っ嫌い!」と拒絶されてもなお想いを伝えようと必死になって頑張るからな……俺だったら絶対無理だわ、拒絶されたら「じゃあもういいや」ってなってしまう。プリキュアは絶対に諦めない、一貫してますねこれはずっと。


しかもそのみゆきの笑顔は、ニコちゃんに教えてもらったものだったってのが、
このストーリーの一番好きなところです。ニコちゃんに教わった笑顔でみゆきが今度は、
笑顔を無くしてしまったニコちゃんを助けるっていうね……人の想いは巡り巡って、また人に、そして自分にも還ってくる。意味がある。



真心をまっすぐにぶつければ想いは届くもので、ニコちゃんも本当の気持ちを自覚できた。
そして最後、今度はニコちゃんの素直な「大好き」の言葉でウルトラキュアハッピーへと変身するのが、最高に感動する! もちろん皆のミラクルライトと「プリキュアがんばれ」の気持ちが集まってこそ、なんだろうが、それを束ねて最後のスイッチは「大好き」という真っ直ぐな言葉だってのがもう!

演出も素晴らしく、音は無しで唇の動きだけでの「だいすき」。あれ、みゆきには聞こえてないんですよね。だからエピローグ部分で改めて「大好き」って言われたとき号泣したんだろうし。
この映画を通して、「素直な言葉は相手にも伝わるよ」っていう想いが込められてるのを感じます。そうやって伝え合ってきたからこそ、ハッピーエンドへの道が開けたわけで、最後はそのシンプルなひとことが「魔法の言葉」みたいにもなり得る、というのをわかりやすく示すためのあの演出、なのかなあ。世界を変える奇跡の魔法と、素直なひとことは、実は同じものなんだよ、みたいな。



そうして向かえたエンディング、「魔王も必要なの!」っていう、一見ありがちに思えてしまう言葉も、重みが違う。直後に「自分の物語は自分で作る!」って言ってますからね、破れた本のページも直って白紙になってるし。あの白紙のページに、そういう未来を描こうってビジョンが、もうニコちゃんにはあるのだなあと。どんなお話になるのか想像して、あたたかい気持ちになりました。
……で、家に帰ってパンフレットを読んで、完成した絵本を知る……と。カンペキですねミキタンばりにカンペキ。


正直、1回目は「大人の男が観るとエンターテインメント的にはちょっと弱いかな~」とか思ったりもしましたが、やはり2回目観てなんぼですね。3回目、4回目もまた更に深く感じ入るシーンが出てくるんでしょうな。ホント素晴らしい映画でした。

ネタ・長話2012.10.29(Mon)00:41コメント(0)トラックバック(0)編集Top↑
dot3 dot1