FC2ブログ
-->
» HOME  » RSS  » ADMIN

プロフィール

Author:オロチ
40過ぎても新しいことにチャレンジできるんだ!

ブログ内検索

twitter

月別アーカイブ

ブログ全記事表示

dot1 dot1

list俺はオロチ様!

「会長はメイド様!」が意外とおもしろい

少女マンガ原作のアニメなんて!と思ってたけど、なかなかどうして会長のミサちゃんがかわいい。
>男勝りで、何があっても手を抜かない性格(公式より)なんだけど、時折見せる弱さや真面目すぎるが故の暴走が、わざとらしくない程度で良いねぇ実に良い。この辺は流石少女コミック原作、ってことなんでしょうか。等身大な女性を描き出そうとしてる…気がします。かといってビッチじゃなく普通に良い子なのがええのぅ……こんないい子いないよ!


逆に「星華高校イチのモテ男!」な碓氷はリアリティの無いキャラですわ。イケメンでクール、それだけなら普通にいそうだが、そんな奴リアルでは絶対敬遠されるよなw 少なくとも作中のように「碓氷さん!」とか言われて皆から慕われるようなことはない。あんな他人を寄せ付けない態度では100パーぼっちになるわw


…でも少女マンガの男キャラって、碓氷みたいな奴多いよなぁ。ああいうのが女性の理想なんだろうか。ありえない、と思うと同時に、少年コミックに出てくるヒロインキャラに女性は同じようにありえなさを感じてるのかと思うと寂しくなるねw
おキヌちゃんみたいな子が理想なんですがね!!



就職してみったー

オロチの就職先は、初任給24円・社長はマハラジャ・昼飯相手は清掃のおば様・業務内容は暗殺・年間休日は302日です。

ゆかりんのつぶやきより。
週イチくらいでしか仕事しなくていいのは魅力的なんだが、暗殺て。そんなハイリスクな仕事しといて初任給24円て、マハラジャは明らかにピンハネしすぎだろ。そもそも清掃のおばちゃん雇ってんなよマハラジャ…機密保持とか全く考えてないらしいな。
アニメ2010.04.22(Thu)00:01コメント(0)トラックバック(0)編集Top↑
dot3 dot1
dot1 dot1

list「螺巌編」を辞書登録しました

なのはでも……と思ってTSUTAYAに行ったら劇場版グレンラガン螺巌編がポツンと置いてあったので、チャンス!と思い借りてきました。BD版発売を信じて、DVDは買い控えてたのよね。


…ティッシュ10枚近く使いましたね、性的な意味ではなく。
先の展開を知っているので、それを考えてしまうとフライングで泣けてきてしまうのでひたすら無心になって観ようとして苦労しましたw


流石に一度観たことがあるのと、いきなり螺巌編から観たってのもあって初見の衝撃ほどでは無かったように思えますが、逆に比較的落ち着いて観られたからこそ、スタッフロール時の演出の素晴らしさに気づくことが出来ました。
あのシンプルな描写に、グレンラガンの物語すべてが凝縮されてるんだなぁ…
ED「涙の種、笑顔の花」の歌詞とも相まって、今回一番心動かされたシーンでした。


映画素晴らしいよ映画。最近非常に映画づいてますな。
またもう一度なのはを観に行こうと強く思うようになった。
なのはの映画が公開され続けている限り、俺は生きていけるなw



なのは探してたらこんなん書いてありました。

まったく内容の説明になってねぇ!

古代ベルカ式作画wwwwこのスレ思い出したw

アニメ2010.02.07(Sun)22:01コメント(0)トラックバック(0)編集Top↑
dot3 dot1
dot1 dot1

list魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st 第2話

「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st」見てきました。

ネタバレ注意
なので未見の人は即座にブラウザを閉じて観に行きましょう。



…一昨日の日記の下書きが残ってたので流用しましたサーセンwwww
毎日のように午前中遅参するのも気が引けて、とりあえず来週くらいにもう一度…と思ってたんですが、終業直後に念のため電話してみれば、特典のフィルムが残り少ないと! 更には今日はまだ座席が残ってると! 言われてもういてもたってもいられず劇場にダッシュ!
…最近、「カノジョかよ」ってくらい映画館に電話してる気がするw あちらへの道のりも通い慣れたもんだw



まさか中一日で同じ映画を観に行くことになるとは、先週までの俺では考えられないことなんですが、2回目でもまったく問題なく楽しめました。むしろ、ラストの「私はいつも気づくのが遅すぎる」って台詞を知ってる2回目だからこそ、プレシア関連の場面はより悲しく切なくなる……引き返せる場面は何度もあったのに、…そう考えると最後の最後まで救いは無かったとも考えられるわけで、悲しい物語です。
悲しさが増すほどフェイトの強さも際立つ。フェイトおおおぉぉー!!


プレシアへの感情移入も前回以上に。自分がプレシアの、親の立場だと考えると彼女の行動も決しておかしくは無いと思えてきて……

プレシアかよ!



……だから特典フィルムがプレシアだからってくやしくないもん!w


逆に、なのははもう良い子を通り過ぎて偉大すぎて、2回観た今でも理解しきれないわ。
どうしてあんなにフェイトを愛せるのか……理屈じゃない、運命の出会い…だったんだろうか。
俺がゆかりんを好きになったように、なのはもフェイトのことを好きになったのかなw
…そう思うと理解できる気がしてきた。



ラストバトルの辺りで感動するのは言うまでもなく、それ以外にやっぱ俺はSLBが好きすぎるようで、あのシーンが近づいてくるのが嬉しすぎて泣いてしまうw
あのシーンを大画面、大音量で視聴するため、ってのが結構大きい割合を占めてる気がする。



とりあえずあと1回くらいは観に行きたい。パンフも買いたいしね!
気分を変えて、来週に差し迫った(!)奈々ちゃん福岡公演の日に福岡の劇場に観に行きたい、
と思ってるんだが同じ事考えてる団員諸君は多そうだな…w

アニメ2010.02.04(Thu)23:44コメント(0)トラックバック(0)編集Top↑
dot3 dot1
dot1 dot1

list魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st

「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st」見てきました。

最高。ひとことで言って。

ネタバレ注意
なので未見の人は即座にブラウザを閉じて映画観に行きましょう。



魔“砲”少女の本領発揮な戦闘シーンの熱さときたら、
ビュンビュン高速で飛び回って射撃の応酬、時にクロスレンジで殴り合い、
「最初で最後の真剣勝負」は場所が海に沈んだ都市というのもあって、どこの劇場版アーマード・コアかと思ったw


最後の切り札は…あれ?ディバインバスターか。……と見せかけてスターライトブレイカーにつなぐ二段構えというあの演出と来たら、鳥肌どころか心臓の鼓動がドクンドクンいってるのがわかるくらい滅茶苦茶にシビれた!


「これが私の、全力全開!」とか、CMやら何やらでもうすっかりお馴染みになったフレーズが使われるのもたまらん! 他にも「友達に、なりたいんだ」など、名言が出る度に心が震える…!
ゆかりんがライブのMCで言ってた「幼女の裸体」ももちろん堪能させていただきましたw
さすが映画! 地上波では出来ないサービスを平然とやってのける! そこにシビれる、憧れるゥ!



…というのは観に行く前から期待してたところなんですが、それよりもうストーリーが素晴らしすぎて涙腺決壊、ハンカチを忘れたことを激しく後悔しました。
挿入歌「Don't be long」のシーン、サビの歌詞になのはの優しさ・フェイトの強さが凝縮されててもう涙止まらない。何て強い子なんだフェイト…! だからタイトルが「Don't be long」なのだけはちょっと不満。辞書で引いたら「ぐずぐずするな」だって、そんなキツイ言い方ないだろう!と思ってしまうw 「Stand up」くらいにして欲しかった……センスなくてダセェのでやっぱいいですw


フェイトの過去や内面、そしてアリシア関連のエピソードは常に悲しくて切なくて……劇場版はフェイトの物語だなぁと思います。もちろんなのはの愛があってこそなんですが。ホント、あの二人が出会ってそしてなのはがフェイトに片想いして良かったなぁ……嫌われて、ではないけどあれだけ攻撃されてボコられてなお「友達になりたいんだ」とフェイトを追いかけられるくらいの愛があったからこそ、これからフェイトの幸せが始まるわけだからな。つくづく9歳とは思えない、深い愛だわ。


フェイトとの物語に焦点を当てられてたのと、プレシア関連の描写が増えてたのもあって、
TV版観てたときは「プレシア最低!悪は滅びろ!」くらいに思ってたのに、
今はプレシアに同情的な気持ちが凄くあるわ。最後の台詞なんかホンマ切ない……生きて、フェイトとまた一からやり直す…そんな未来の可能性があったかもしれないから…


フェイトからプレシアへの最後の会話もすげぇ感動。何もかも乗り越えて、「たとえ嫌われても母さんに笑っていてほしかった」と言えるのはすごい。まさしく愛だ! フェイトも9歳にして深い愛を持ってたわ……当然号泣ポイント。


他にも語りたいことは山ほどあるはずなんだが、何かもう胸がいっぱいでな……
なのでこれ以上のことは次回以降に回します。…うん、確実にもう1回以上足を運ぶね。
特典目当てで買った前売り券が1枚残ってるってのもあるし、今日はパンフを始めグッズが軒並み品切れというナメた状況だったのでそれを買いに行く必要もある。
それが無くとも行ってただろうし、そうするともう3回目行くのもほぼ確定的……
元来、同じコンテンツを短期間の内に何度も観たりするのは凄く苦手なんですが、
今はもう早く観に行きたくて仕方ないもんな! 「明日…は用事あるわチクショウ!」とか思ってるくらいw



予備知識無しでも問題無さそうだし、少女達のまっすぐな想いを観て素直に楽しめる人であれば全員にオススメしたい映画でした。俺はもうこの作品が愛しくて仕方ない。
「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st」だから続編とか……激しく激しく期待。







最後に、特にネタバレ気をつけてもらいたいところではあるんですが。
俺はやっぱ奈々ちゃんファンでもあるわけで、途中から「そういやPhantom mindsまだ流れてないな」と気になってました。「主題歌」であってオープニングとは一言も言われてなかったんですが、OPと思い込んでたので、結局、最後に「本当の自分を始めよう」とするフェイトに合わせて、エンディングテーマの後に流れたのがすごく良かったです。

アニメ2010.02.02(Tue)23:51コメント(0)トラックバック(0)編集Top↑
dot3 dot1
dot1 dot1

listメインヒロインゆかりんなんて超久しぶり!……あ、なのはか。

今期のアニメも色々楽しんでおります。
書こう書こうと思って感想の一つも書けてないので、とりあえず楽しみにしてる順に並べてみる。



・刀語
ゆかりーん!ゆ、ユアァー! ゆかりんの声で「私のことを好きなだけ愛せ」とか言われたらぼかぁもう…! このゆかりんボイスを胸に原作読もう、必ず読もう。

・ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド
見た目は子供、口調はババァのロリババァ最高っ! 二次元的な「ロリぷに」って感じでもなく、
リアルに洗濯板ボディで描いてるのを俺は評価したい。ふくらみかけてもいない!

・バカとテストと召喚獣
秀吉よりむしろ主人公の愛すべきバカっぷりがかわいいよ。

・はなまる幼稚園
山本先生マジ癒し系ッス。ロリコンだけどこの作品では杏がむしろ邪魔w

・おまもりひまり
こちらも口調が古風。こちらもぺたんこの幼なじみが邪魔w 最近巨乳がマイブームなのです驚くべきことに。ベタなラブコメがたまんねぇ。

・聖痕のクェイサー
厨二病キター!! ヒロインがどの娘も可愛くて魅力的なんだが、主人公の中二っぷりから目が離せないw まああの少年はホントに能力者だから良いんだろうけど、リアルでやるとアイタタな行動満載、というか痛い行動・言動しかしてないw

・デュラララ!!
キャラが多い。今後の展開が楽しみ。

アニメ2010.01.28(Thu)01:25コメント(0)トラックバック(0)編集Top↑
dot3 dot1